トナカイ V1 AUDJPYのレビューと詳細

トナカイ V1 AUDJPY今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ

トナカイ V1 AUDJPYとは?

気がつけば随分と長い付き合いになってる
raccoWhite Bearのシリーズの新作です。

これまで作者のラッコさんは、
割とスキャルピングEAをメインで作成してこられてましたが

今回は、トレンドフォローのロジックを組み合わせた
複合型のEA
となってます。


スイングトレードとスキャルピングの融合というと
いかにもどんな相場でも通用しそうなイメージが生まれやすく
私も初心者の頃は、良くそういうのを探したものですが(^^ゞ

今考えれば、
そんな都合の良い物が有る訳は無くて、

トレンドが強く出る時にスキャルピングがヤラれ、
レンジ相場でトレンドフォローがボロボロにヤラれる・・・

というパターンが多かったものです。

ですが、流石、スキャルピングの雄、
White Bearの作者さんだけ有って
今回のは、ひと味違う出来映えだと思います。



複合ロジックの仕組み。

説明のページにもあります通り、
言ってしまえばシンプルな考え方です。

トレンドフォローがエントリーしている時に、
トレンド方向へ逆張りでスキャルピングを行う、

という物です。

元々、White Bearシリーズ
30分足のトレンド方向へ逆張りで入るスキャルピングですので、

そのトレンド判定ロジックを使ってトレンドフォローもしてしまおう、
という感じでしょうか。

大きな特徴は、
それぞれが単独では動かない、
という安全策が入っているという事ですね。

トレンドフォローがエントリーする、
というトリガーが入らないと、
スキャルピングのロジックも動きません。
 ↓
エントリーパターン

こんな感じで、
1つ目のトレンドフォローがエントリーした後、
スキャルピングのロジックが最大で2つエントリーされます。

最大で同時に3つポジションを持つ、
という事ですね。


この1つめのトレンドフォローが決済に掛かるまで、
逆張りスキャルピングはチャンスがある度にエントリーします。

また、トレンドフォローのロジックは、
トレーリングストップを併用して利益を確定しながら粘るので
 ↓
トレーリングストップ

この様に相場に上手くハマれば、

トレンドフォローが決済するまでの間、
スキャルピングがコツコツと15pips程度の利益確定を積み上げ、

最後にトレンドフォローも大きな利益を積み上げる事が出来、
 ↓
勝ちパターン

ワンセットのトレードで得られる利益が
相当、大きな物になる可能性があります。

※上記の場合、191.25pips確定の間に15pipsの決済が9回有りました。


ただ、
当然の様に、負ける時は負けます(^^ゞ
 ↓
負けパターン

3ポジションエントリーした直後に大きく下落すると
一気に100pips以上の損失となる事があります。

もっとも、
ただでヤラれるのではなくて、

決済後に追い打ちのポジション(黄色の矢印分)を取ることが多く、
差し引きで損失を小さく抑える工夫もされています。

こういうことが、
最大ドローダウンの小ささに貢献しているのでしょうね(^_^)


最大の弱点。

公式バックテストでも
一年平均約1000ドルほどの利益で、
最大ドローダウンは500ドルを切っているという
バランスの良さがメリットですが、

1つ大きな弱点というか、
注意点があります。


バックテスト結果を見ると、
 ↓
バックテスト

4年間で総トレード回数が550回となっています。

一年平均で138.75回。

一年の営業日を260日としたら
一日平均5.33回のトレード回数ですので
二日に一回くらいのペースでトレードが有るかの様な印象ですが

実際は、
上記の通り、一回で最大3ポジションを保有しますし、
トレンドが出ない限り出番もありません。

つまり、
出て来ない時は全く出て来ない
という低頻度のEAとなっています(^^ゞ

ちなみに2013年1月から11月までのバックテストでは、こんな感じ。
 ↓
登場頻度

今年の7月と10月は全く出番がありませんでした。

期間中のトレード回数は55回でしたが、
実際の出番は、かなり偏っています(^^ゞ

1ヶ月平均で1セット有るかどうか?
という感じかもしれません。


とにかくポジションが無いと不安
と言う方には全く向いていないかもしれません(^^ゞ

逆に、堅実派の方には、
この良さが伝わるのでは無いでしょうか?


私としては、
ユーロ円とかポンド円など
他通貨ペアでの併用をしたいと思いますが
出してもらえませんかね?(^_^)


トナカイ V1 AUDJPYについてはこちら。

スイング+スキャルのハイブリッドEA(AUDJPY版)
トナカイ V1 AUDJPY


今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m

お帰り前に、ポチポチッと応援クリック↓をお願いします(^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする