VPSを導入

FX自動売買ソフトが有れば、
FXの知識や経験が乏しい初心者の方でも、
FXのトレードを始める事が出来ます。


とっても魅力的ですよね?


ですが通常、「メタトレーダー」などのソフトを
パソコンにインストールした上で
24時間稼働させておかなければいけない
物がほとんどなのです。


ですが実際、

一般家庭でその様な運用をしようとしますと、
電気代やパソコン本体の発熱や騒音の問題が有り、
なかなか現実的では無くって、



それもあって、導入をためらっておられる方も
意外と多いのではないでしょうか?


私もそうでしたしね^^;



そんな時にオススメなのが、
「VPS(バーチャルプライベートサーバー)」
です。


VPSを使って、

運営会社に設置されたサーバーというコンピューターに
自分専用の「仮想パソコン」を置いておくという事が出来るのです。



通常、レンタルサーバーといわれる物ですと、
ホームページを立ち上げたりするのに使うのですが、


FX自動売買ソフトを立ち上げるときには、
正直、関係無い機能ですよね?



その代わり、必要になってくるのが

『リモートデスクトップ機能』です。

この機能を使うと、あなたのパソコンから、
遠隔操作でもう一つ別のパソコンを使うことが出来ます。



画面の中に、別のパソコンの画面が現れるということですね。
つかえるねっと



これを使って、
サーバー側にFX自動売買ソフトをインストールしておけば、
24時間、フル稼働で取引をしてくれます。



その分、自宅のパソコンを、他の用途に使用することが出来ます。


FXの取引にはパソコン自体を使う必要が有りませんから、
その分の電気代もかかりません。



※サーバーのレンタル料金が別途かかります。(月額1880円~)
ですが、電気代や発熱、パソコンの消耗等を考慮して、
メリットを感じられたら導入されることをオススメします。



たあぼが導入したのはこちら

レンタルサーバーなら使えるねっと


使えるネットの運用マニュアルはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク