35env_demarkのレビュー

img_m今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ


ホントにすさまじいバックテスト結果で
ドカンと行かなきゃFXじゃ無い!
という感じで大変人気が有る様で・・・

ですが、このEAについては、
ちょっと気になっていることがありますので
記事にさせて頂きます。

あくまで個人的な見解ですが
別に批難中傷している訳では有りませんので
ご容赦下さい(^^ゞ

35env_demarkの凄いところ。

何と言っても凄いのは、バックテストの結果です。
 ↓
バックテスト

1万ドルが一年で360,296,436.55ドル、
って事ですからね。

3億6千万ドル・・・?

300億円ですか(^^ゞ

ホントにそんな決済が出たら、
ほとんどのブローカーは出金が出来ないですね(^^ゞ

綺麗な右肩上がりのグラフがまた目を引きますが
複利運用でロットもドンドン増えています。


メルマガでもよくお話しますが
勝率100%を出さないと
こんな綺麗な右肩上がりにはなりません。

もちろん、勝率100%というのは
どう考えても無理なお話なのですが

私の考える限り、次の3つの方法で
見た目上なら、勝率100%を出す事が出来ます。

【1】損切りしない。

【2】ナンピンしまくる。

【3】両建てして、勝った方だけ決済する、を繰り返す。

今回のEAは
この1と2とを併用しています。

バックテスト結果からも読み取れますが、

最大の含み損が
34088543.62ドルとなってます。

3千万ドルの含み損って・・・(゜Д゜)
という感じですが

要は、ひたすらナンピンしていって
差し引きプラスになったら決済する、
という仕組みが根底にあります。

なので、ずっと右肩上がりのグラフになるのです。


35env_demarkの仕組み

このEAの詳しいロジックは
販売ページの説明やコミュニティをご覧頂くとして、

実際のトレードの流れとしては、こんな感じです。
 ↓
ポジショニング

一旦、売りで入ったトレードは、
逆行して上昇して行く中で、反転しても売りのエントリーが続き、
一時的に戻った時に一括でプラスになる様に決済されます。


毎回、こんな感じで上手く戻れば良いですけど
もし戻らなかったら大変な事になります(^^ゞ
 ↓
ロスカット

この時点で、なんと100ポジションを保有しています。

Pepperstoneでは、
一口座最大で100ポジションしか持てませんから、
その限界に達しているという事です。

ひょっとすると、もっと資金が有ったりして
もうちょっと粘っていたらプラスになったかもしれませんが(^^ゞ


ちなみに100ポジションと言えば・・・

0.1ロットの必要証拠金が、1ドル100円として
100円×10000÷400=2500円です。

これの100倍ですので25万円ですね。

100万円資金なら、
必要証拠金だけで資金総額の25%を占有します。


で、100ポジション保有した時点で1pips逆行すると、

100円×1pips×100ポジション=1万円です。

10pips逆行したら10万円分、
含み損が増えて行きます。


100ポジ保有するまでに保有した含み損を
計算に入れないとしても、

50pipsも逆行してしまったら50万円ですから
100万円-50万円-25万円=25万円となり、

必要証拠金=余剰金という、
証拠金維持率100%の状態になって
強制ロスカットになってしまいます。


100ポジションという口座の制限が無かったり
レバレッジが1000倍とか有れば、もっと耐えられるかもしれませんが
どの程度逆行したら戻るのか?誰にも分かりませんから
事態の根本的な解決にはなりませんよね。


資金が早々に数倍になって
マージンが大きくなっていれば良いでしょうが、

スタートしてスグの時にこんな状況が来たら、

あっという間に資金が無くなるかもしれない、
という事を念頭に置いて運用していただきたいんですよね。


と、こんな感じで、
仕組みをご存じいただいていれば、

気がつかないうちに資金が吹き飛んでしまうなんて事も
ある程度は防げるでしょうし、

ちゃんと理解なさってる方なら、
資金とロットをコントロールして上手くつきあえるかもしれませんね。

ロットを最小にして大きめの資金で運用したり
どうせやるなら一発勝負無くなっても良い遊んでいる金で楽しむか、
という感じでしょうか?(^^ゞ


バージョンアップされています。

2013年12月時点で、
本EAはバージョンアップされていまして、
最大保有ポジションはデフォルトで5つになりました。

安全のため、でしょうけど
そうなるともはや、販売ページのバックテストとは
全くの別物になってしまう気がします(^^ゞ


もちろん、
初期版みたいに200にする事も出来ますが、
その時は、上記の通り、
リスクをしっかり把握して運用なさって下さい。


ちなみに、
私が最大ポジション制限を200にしてバックテストをしてみましたら、
全然、販売ページの様にはならなかったのが不思議です・・・
 ↓
StrategyTester


ただ単に、
私が下手くそなだけでしょうけどね(^^ゞ



img_m


今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m

お帰り前に、ポチポチッと応援クリック↓をお願いします(^_^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク