Sponsored Link
newsite

HyperClickFXのレビューと詳細

Hyper Click FXのレビュー
Hyper Click FXは、

メタトレーダー(MT4)を使い、FXを自動で売買するEA(ExpertAdviser)を、

手動でしかトレード出来ない、国内証券会社で、自動的に売買させるためのツールです。


MT4では、どうしてもスプレッドが広いところが大半で、

狭いところでは、トレードごとに手数料がかかったりして、
結局、スプレッドや手数料の分、負けてしまう(>_<)
という事が往々にして有り得ました。


一方、国内業者では、
MT4が使えない代わりに、極端に狭いスプレッドが売りになっていることが多いので
その差を、丸ごと利益に変えてしまおう、というコンセプトですね。

スプレッド比較


ちなみに、どこの業者でも対応は出来るのですが、
GMOクリック証券とか、ヒロセ通商などの、
スプレッドが狭く、約定がしっかりしたところが良いとなっています。
はっちゅう君FX

最初の設定も、このあたりの業者を想定していますね。

 外為オプション

基本的に、今お使いのEAを使うことも出来ますが、
一応、最初からEAも付いていまして、

この付属EAをFXDDデモ口座などで使い、
そのシグナルを国内証券会社へコピーする
ということが、
購入後、すぐに出来る様になってます。


もちろん、今お持ちのEAを使い、
そのデータを使って自動売買させることも可能です。



例えば・・・

1回の利益確定が数pipsを狙うEAなのに、
使っているブローカーのスプレッドが広いために、
逆にそのスプレッド数pips分、負ける事が多い(>_<)


とか


デモ口座だとむちゃくちゃ成績が良いのに、
リアル口座に切り替えると、スプレッドが広がったり、
スリップしたりして全然勝てない、



というEAをお使いの方であれば、
相当なメリットが得られるのでは無いでしょうか?(^_^)


また、海外業者で運用すること自体に、
不安や抵抗をお持ちの方
も多いと思いますので、
コレを使うことで回避できることもあるでしょうね(^_^)


Hyper Click FXの仕組み
Hyper Click FXは、
MT4で発生したトレードを、そっくりそのまま国内証券会社へコピーするものですが、
具体的には、こういう感じのトレード画面を開いておいて、
クリック証券

ヒロセ通商LIONFX

人間がクリックするのと、全く同じように、
注文・決済などを自動的にクリックするという仕組みです。


なお、このソフトはマクロを使いますので、MicrosoftExcelが必須となります。
※互換ソフトでは動作しないようです。


つまり、どこを押したらどうなるか?
と言うのをプログラミングして、
その通りにポチポチとクリックしてくれる、

というソフトなんですね(^_^)


最初、いくつかの国内業者に対応したプログラムは付属していますが
画面が変更になることも有るでしょうし、
パソコンによっても、若干場所が違うこともあるかもしれません。

また、他の業者で使いたい、という事も出てくるでしょう。

そう言う時のために、
ちゃんとユーザー側で細かく調整できる仕組みにもなっていますので、
非常に汎用性が高いと言えますね(^_^)


Hyper Click FXの条件と注意点
この様に、素晴らしいコンセプトの商品ですが、
いくつか、使うための条件と注意点が有ります。

【条件】
専用のパソコンが必須。
このソフトは、お手持ちのパソコンを一台占有します。

トレード中は、マウス操作をトレードが支配しますので
他の作業が、事実上出来ません(>_<)

パソコンを他の用途にも使うのであれば、
もう一台別に必要になりますね(^^ゞ


そのパソコンはトレード中、電源を入れっぱなし。
上記の通り、パソコンを占有しますし、
トレード中は常にパソコンの電源をオンにしておく必要があります。

その間、電気代もかかりますし、
パソコン自体も消耗していくことになりますね(^^ゞ


そのパソコンにはMicrosoftExcelが必須。
このソフトは、MicrosoftExcel上で動作する、
マクロというプログラムなので、
単独では動作しません。

従いまして、絶対にMicrosoftExcelは必要なのですが、

最近は「互換性のあるソフト」というのが
無料から安価なものまで多数存在していますが、
それらの互換ソフトでは動作しないという事です(>_<)


【注意点】
VPSも使えますが・・・
パソコンを占有されては困るので、
VPS等でも使いたい!というお声もあると思いますが、

VPSでも、一応は使えることになっています(^^ゞ


その場合、VPSにMicrosoftExcelをインストールして、
そのVPS上で、国内証券会社にログインしてトレード出来ます。


ですが、これ、
使えるとは言っても、

VPSにつないだ状態で、
電源を入れっぱなしにしておくパソコンが必要です(>_<)


あくまで処理を分散するだけで、役割を分散出来る訳では有りません。

MT4の自動売買みたいに、
一度設定したら、後はほったらかし、と言う訳には行かないです。

つまり、パソコンを2台動かしているのと、ほとんど変わらないという事ですね。


ナンピンするEAはダメです。
このシステムでは、
注文⇒決済、注文⇒決済、
という流れでトレードしていきます。

基本的に、ポジションは1通貨あたり1つという事ですね。

従いまして、ナンピンや、ピラミッディングなど、
注文、注文、注文⇒全決済
というEAは、正常に動作しません。

単一ポジションを複数通貨で保有する、
スキャルピングソフトなどが向いていますね(^_^)


通貨ペアも3つまでです。
同時にコントロール出来る通貨ペアは、
ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円
3通貨のみとなっています。

これは、仕様なのでやむを得ないですね(^^ゞ

という事なので、
使うEAも、この3つの通貨ペアを使うもの、という事に限られてきます。


モラルの問題です。
仕組み上、シグナル送信用のMT4でトレードするEAは、デモ版でも問題無いです。
従いまして、購入した商品では無く、無料で配布しているようなデモ専用EAでも
この仕組みを使えば、リアル運用できてしまいます。

これは、EAの販売者さんにとっては、利益を奪う行為とも言えますので、
モラル上は、ちゃんと正規に購入したEAをコピートレードするのがスジだと私は考えます。



Hyper Click FXについてはこちら。

スプレッド損でお悩みの方へ。
 ↓ ↓ ↓


Hyper Click FXを確認



Hyper Click FX






※投資は自己責任です。投資するのもしないのも、どんな仕組み(ソフト)で投資するのか、詐欺みたいなソフトをつかまされてしまうのも、良いソフトをみすみす見逃してしまうのも、全て自己責任となってしまいます。FXのソフトでは、ソフト代金以上に運用資金を無くしてしまうリスクも有ります。また、当サイトに書かれている内容は、個人的見解に基づいており、結果を保証するものではありません。また、管理人は何らかの投資に関する資格を保有しているものでも有りません。

2012年5月17日 |

カテゴリー:HyperClickFX

Sponsored Link

このページの先頭へ