Sponsored Link
newsite

スキャルピングFXロボットについて

スキャルピングFXロボット
これは、日本での販売開始直後から
メルマガ限定コンテンツとしてご紹介していたのをまとめた記事です。

⇒メールマガジンについてはコチラ

本来はこちらには書くつもりは有りませんでしたが
事実と違うあおり方で売り込む方が後を絶たないので(>_<)

実際にやってみた者として、
事実を有りのままに記事にする事にしました。

少しでもご参考になれば幸いですm(__)m

スキャルピングFXロボットの仕組み
スキャルピングFXロボットは、
MT4を使って、むちゃくちゃ激しいスキャルピングをするソフトです(^^ゞ

なお、メタトレーダー4を使うからと言って、
EA(ExpertAdviser)で提供されるわけでは有りません。


このシステムは、MT4の中に、もう1つMT4を内蔵し、
2つのMT4を内部で直結させて、
それぞれ違うブローカーへログインさせ、

動きの速いブローカーから得た価格情報を
動きの遅いブローカーのトレードに当てはめる

という仕組みになっています。


実際、いくつものMT4をお使いの方なら
見比べていただくとよくわかると思いますが、
必ず同じ値動きになっている、
という訳では無いでしょ?(^_^)


その、世界中にたくさん有るブローカーの
それぞれのタイムラグみたいなのを利用する仕組みです。


また、値動きの違いと言っても、
そんなに極端に大きな違いも出ないですから、
わずか数pipsを、大きなロットで、超短期間で決済します。

エントリー⇒決済、が1秒とか(^^ゞ
なので、ダメなところは多いですよ。

従いまして、
短期間での激しい売買を禁止するブローカーとか
そもそも、スキャルピングが出来ないブローカーとか
すぐにスリップとかエラーを出したりするところは使えませんので

ブローカー選びが、
この商品の成績を左右すると言っても過言では有りません。


また、このシステムは、一般的にスプレッドの最も狭い
『ユーロドル』を使いますので、

いくら固定スプレッドだからと言って、
ユーロドル3pips固定とか言うブローカーは
まず全く使い物になりません(T_T)

例:4XP、Markets.comなど

最大でも2pips以下のスプレッドに収まっているブローカー
というのが最低条件になりますね(^^ゞ



スキャルピングFXロボットの注意点
上記以外にも注意点はいくつも有るのですが(^^ゞ

最大のポイントは、
すべてにおいて、スピードが重要と言う事ですね。

システムを動かすパソコン、またはVPSの処理速度。
通信回線。
VPSとブローカーとの通信速度。

この3つは非常に重要だと思います。


このシステムでは、MT4の中にMT4を直結して動かすのですが、
片方を「マスター」、片方を「スレーブ」としています。

で、この「マスター」には、
なるべく動きの速いブローカーを。

そして、「スレーブ」には、
出来るだけ遅いブローカーを、
それぞれ設定する必要があります。

また、マスターとブローカーとの通信も
早いに超したことは無いので、
ブローカーの通信拠点になるべく近い、
高性能なVPSを使う必要があると思います。


ちなみに、日本国内で通信回線が速いという
「使えるネット」でも、サーバーが日本国内に有ると言うことが
大きな足かせになった模様です(T_T)


また、これだけブローカー選びが重要なのに、
一回の購入で、30口座しか使えません。

デモとリアルを含めて、ですよ!(>_<)

これ、1回に10口座まで申請出来て、
それが3回までしか出来ません。


3回を超える場合は、
1回につき1万円の実費となる様です(^^ゞ



実際に使ってみました。
まだ、特に情報も無かった頃なので
とりあえず、手当たり次第にやってみました(^^ゞ


【デモ口座】
・AAAFx
・Forex.comJAPAN

⇒エントリーはするものの、ずっと損切りにかかり続けるので断念。

・アルパリJAPAN
1日で5万円⇒8万円になりまして(゜o゜;
喜んでおりましたら、
翌日、口座にログイン出来なくされてしまいました(^^ゞ

・FXDD
⇒一番マシな結果。一日で25pipsの利益。


【リアル口座】
・AAAFx
⇒デモと同じ結果に(T_T)

・4XP
⇒固定3pipsスプレッドのため、エントリーせず(^^ゞ
設定を変更して3pipsでも動くようにしたものの、全く約定せず(>_<)

・Markets.com
⇒4XPと同じ失敗(^^ゞ
固定スプレッドのため、設定を変更して挑む。
エントリーは有るものの、一日数回程度しか約定せず、それも全部負け(T_T)

・アルパリJAPAN
⇒エントリーはそこそこ有るものの、一日で25%のドローダウン(T_T)

・外為ファイネスト
⇒さすがカリネックス。むちゃくちゃ約定が早く、エントリーも一番激しかったです。
ですが、手数料はかかるは、毎度損切りだわ、で
一晩で10%ドローダウンしたので断念(>_<)

・FXDD
⇒一番マシでした。数週間稼働させていても、ドローダウンは8%程度(結局勝てていない)。

・Pepperstone(スタンダード)
・Pepperstone(RAZOR)

⇒鬼のようにエントリーしますが、一日で20%の損失(T_T)
(RAZOR)は、さらに手数料も持って行かれる(>_<)

・IronFX
・ThinkForex
・FXClearing (NDD口座)
・Forex.comUK

⇒安定してエントリーするのですが、どれも20%を超えるドローダウンで断念(>_<)


※以上、30口座に満たないですけど
3回に分けて申請したので、コレでひとまず終わりました(^^ゞ


断言は出来ませんが。
私が試した環境、使えるネットのシルバー、ゴールド、プラチナのVPSで、
マスターには「早い」と推薦のOanda(リアル口座)を使いましたが、
上記のような結果になり、どれ一つ勝てませんでした。

なお、読者様で数名購入された方もおられるんですが、
皆さん同じように、

「デモではすごいのに、リアルにするとボロ負け(T_T)」

を経験されてました・・・(>_<)


ただ、販売者さんに聞きますと、
> 販売者本人も今現在実際に自身で
> このロボットを使用しトレーディングをしております。


って事ですし、
推奨設定というか、結果を出している設定というのも
聞きましたので、

勇気と資金のある方なら、
チャレンジされるのもいいかもしれませんね。


アテになるかどうか?は保証できませんが、
教えてもらった内容を記載しておきます。



Oanda MT4をマスターブローカー、スレイブにILQ, XTB, Forex.comをおすすめしています。

その他マスターに最適なのは、PFG Best, AAA, SmartTradeFX, ECN Alpha MB Tradingです。
時によってはFXDD、 FX Open ECN,



おすすめVPSは海外のこの業者⇒www.ezforexhost.com/


利益ができていない理由の可能性として2つ上げます。
マスターの速さが足りないまたはスレイブの遅さが足りない、それかその両方です。
PFGBestとOanda MT4は私の経験上とてもスピードの速い業者です。
デモ口座でも構いませんが。リアルのほうが良いでしょう。

同時にフィードの遅いスレイブを使用してください: http://www.scalpingrobot.com/h……tency.html

USベースの業者を使用する場合USベースのVPSがEAがトレードをキャッチできる環境としてベストでしょう。



最後になりますが、問い合わせについては、
ちゃんと真摯に対応していただける販売者さんです。

購入前でも後でも、しっかりとお返事はいただけます。
それだけは安心されてください。


ですが、これだけ高価格なのですから、
最初から勝てる設定をパックにして商品化してほしいですよね。


コレの検証には一ヶ月を費やし、
少額とはいえ、リアル口座で資金も無くしました(>_<)

16万円の数倍以上の苦労をした気がします(T_T)


それでも、勝てる!と思われる方は
無理には止めませんので、どうぞ(^_^)

スキャルピングFXロボット


※投資は自己責任です。投資するのもしないのも、どんな仕組み(ソフト)で投資するのか、詐欺みたいなソフトをつかまされてしまうのも、良いソフトをみすみす見逃してしまうのも、全て自己責任となってしまいます。FXのソフトでは、ソフト代金以上に運用資金を無くしてしまうリスクも有ります。また、当サイトに書かれている内容は、個人的見解に基づいており、結果を保証するものではありません。また、管理人は何らかの投資に関する資格を保有しているものでも有りません。

2011年12月21日 |

カテゴリー:スキャルピングFXロボット

Sponsored Link

このページの先頭へ