Sponsored Link
newsite

リバースライトニングのレビューと詳細

リバースライトニング「Reverse Lightning」Mt4用インディケーター(MA kairi SM)&取引手法

Tomo_BigBreak2のレビュー
リバースライトニングは、
自動売買ソフトではありません。

自動売買ソフトでよく使われるメタトレーダー4を使い、
インディケーターと呼ばれる指標を表示させます。

メタトレーダー(MT4)を使い、FXを自動で売買するEA(ExpertAdviser)です。

チャート上にトレードシグナル(星印)が発生しますので、

star
これを目安に、ルールに従ってトレードを行います。

実はこのリバースライトニングは、
作者のmomiさんが以前にリリースした
「スタティック」Ⅰ・Ⅱと繋がっておりますので、

「スタティック」Ⅰ及びⅡを知らないと、
理解するのは非常に困難かと思います(^^ゞ

実際にリバースライトニングのマニュアルには
『スタティック』と言う言葉が何度も登場します。

ここで『スタティックⅡ』のルールが適用できるのです・・・
と、言う様に書いている部分も有るぐらいです(^^ゞ

なので、この手法を試そうと言う方は、
まずスタティックⅠ及びⅡのマニュアルに目を通して
スタティック手法の勉強をされることをお勧めします。

なお、スタティックⅠ、Ⅱはfx-onにて無料で手に入ります。

※取引手法のみ。インディケーターは付属しておりません。

MA kairiを使用したスキャルピング手法
トレード手法「スタティック1」


Static1を元に作り出した、「順張りと逆張り」の二刀流トレードルール
トレード手法「スタティック2」


スタティックとは?
それぞれの特徴については、こんな感じです。

【スタティックⅠ】
・MA kairiというインジケーターを使用した取引手法。
・逆張り手法。
・通貨ペアは特に指定はなし。
・予想獲得pips数は7~15PIPS
・ロスカットは25PIPS
・勝率は約50~70%

【スタティックⅡ】
・基本的にスタティックⅠのロジックを踏襲。
・状況に応じて順張りと逆張りの両方のルールを持ちます。

逆張りだけの1と、順張りにも対応した2、という感じですね。

なお、スタティックⅠ、Ⅱ及びリバースライトニング、
この3つ、全てのマニュアルに

『バックテストを100回以上行ってください』
と記載があります(^^ゞ

冒頭にも書きましたが、
本ソフトは「自動売買ソフト」ではありません。

トレードシグナルは、一応発生致しますが、
エントリー、利益確定、損切りなど、
全て自らの手で行わないといけません。

つまり、しっかりとルールを把握し、
自分のものとなるまで勉強が必要ということです。

ぶっちゃけ、マニュアルを2~3回読んだだけでは
相当、理解し難い
ので、

あまり時間がない、と言う多忙な方や
一度セットしたら(ある程度は)ほったらかし、
と言うのを望む方には、正直なところ、不向きだと思います(>_<)


リバースライトニングの仕組み
・・・と、以上を踏まえて、
それでも勉強熱心な方の為に(^^ゞ

リバースライトニングを、ネタバレのない程度にご紹介致します。

リバースライトニングは、
・MA kairiインジケーターを使用した取引手法。
・順張りと逆張りの両方のルールを持つ。
・通貨ペアは特に指定なし。
・獲得PIPS数は状況によってかなり変化。
※利確基準は非常にバラエティーに富んでます。

というのが「公開されている特徴」ですね(^_^)

どこで利益確定するか?
これがリバースライトニングの大きな課題です。

『欲を出しすぎたら食われます。しかし欲がなければ人は発展しません』
この『自分の欲と戦うこと』これが今回の大きなテーマ・・・

とまでマニュアルに書いてあり、
『人間の欲望』と言う、
切っても切れない壮大なテーマを念頭に置きながら(^^ゞ

以下、ご説明します。

image

こちらはドル円の5分足のチャートです。
チャート上にいくつか出ている
『黄色の丸の中に星印』(以下シグナルと称します)
これがトレードシグナルとなります。

いくつかシグナルが発生してますが、
分かりやすい①でエントリー。
この場合、ルールに従いショート「売」で
エントリーします。

その後、順調に下がり、
まず最初の利益確定ポイントが現われました。

それが②です。約10~15PIPSの利益です。

こちらのチャートは先ほどのチャートを拡大したものです。

image

先ほど同様①はエントリー、②は最初の利益確定ポイントです。

そして、次の利益確定ポイントは③です。
約30~35PIPSくらいになりますね。

そして④も利益確定ポイントで、
こちらで約55~60PIPS獲得となります。

ここまでで、わかる方にはわかるかと思いますが
何本も表示される単純移動平均線たちが
利益確定のタイミングの鍵を握っているわけですね(^^ゞ

ちなみに、
上の画像の時、貴方なら
②、③、④の、どこで利益確定しますか?

こうして見れば、もちろん④ですよね(^^ゞ

でもこれは、あくまでも後から見ればの話です。

常にパソコンの画面に張りついていられる方や、
好きな時にいつでもチャートが見られる方は良いのですが、

たまたまチャートを開いた時に
④の様な絶好のタイミングであれば言うこと無しですが
いつもそんなラッキーなことはまずありません。

では、チャートをずっと見られない方はどうするのか?

ロスカットライン(損切り)はルールが決まっているために、
エントリーした時点で決まります。

(ルールに従って自身で簡単に見つけることができます)

損切りポイントに逆指値を入れておけば
万が一の時も大きな損失を被ることは有りません。

肝心の利益確定ポイントについては、
チャートをいつでも見られる方や、時間のある方以外は

エントリーはシグナル(星印)とルールに従い、
決済(利益確定)は、

「20pipsで利確しよう」
「いやいや100pipsまでは待とう」
「この相場の流れから行くと
50pips迄行ったところで反転しそうだから・・・・」

と、言ったように自分自身の裁量で行うしかありません。

もちろん、本ソフトのルール外になりますが(T_T)

 

またこのロジックでの最大の問題点は、

シグナルが発生した時の、
『売り』か『買い』かの判断が、結構難しいです(>_<)

シグナルは発生するものの、
『売』か『買』かどちら方向のシグナルなのか?
という判断は
ルール従い、自分自身で行わなければなりません。

『バックテストを100回以上行ってください』
とマニュアルに何度も出てくるのも納得が出来ます。

それほど難しいと言うことです。

とはいえ、
「じゃぁ、100回以上やってやる!」
と言う方の為に、一つアドバイスを(^^ゞ

マニュアル片手に、過去のチャートを眺めながら・・・
と言うのはやめておいた方が良いでしょう。

image

この様なチャートを表示していると、
ルールをマスターしてない、うろ覚え状態でも、

「①で『買』エントリーして・・・
②、③、④のどれかで決済するだけでしょ?
簡単、簡単、これなら勝てるわ!(^_^)V」

なんて思いがちですが、
実際は・・・

当たり前ですが、リアルタイムだと先が見えないのが相場です(>_<)

先ほどのチャートと同じチャートの先を隠してみました。

image

急に心細くなりませんか?(^^ゞ

バックテストで、「先の動きが分かっている」チャートを見ていると
『絶対勝てる!!』と変な錯覚に陥りますので

このようにチャートの先を隠して、本当に分からない状態にして
『売り』か『買い』か?
すぐに判断できるようになるようになったら
リアルでやってみてはいかかでしょうか!?

・・・と言うのを、100回以上やって練習して下さいね、って事だと思いますよ(^^ゞ

「上級トレーダーへステップアップ」
と書いて有るだけのことはありますね(^^ゞ

最適利確の探求へ・・・上級トレーダーへステップアップ
リバースライトニング「Reverse Lightning」Mt4用インディケーター(MA kairi SM)&取引手法

2012年4月25日 |

カテゴリー:リバースライトニング

Sponsored Link

このページの先頭へ