FOREX ポートフォリオトレーダーのレビュー

FOREXポートフォリオトレーダー今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ


FOREX ポートフォリオトレーダーとは

『Intelligent DayTrader』の販売元から
新しく発売となったEAです。

今回は珍しい取り組みとして、
3つのEAを1つのパッケージとして販売されています。

当初は、
ストラテジーA:コブラ
ストラテジーB:タイガー
ストラテジーC:フォックス
の3つが提供されています。

※2013年10月25日、ストラテジーD:ゼブラが追加となりました。

今までは、1つのEA内部に複数のロジックを入れる
という事もされていましたが、

別のEAにして提供されることで
使う側が取捨選択して
個別にコントロール出来る事にもなりますね。


ちなみに、「当初は」と書きましたのは
どうやら今後、違うEAの提供も検討されている、
という含みを持った文言が見られるからです。

いずれ、他通貨、別ストラテジーでの提供、
というのも有るかもしれません。 ※2013年10月25日、いきなりそうなりました。


3つのストラテジーについて

それぞれのEAについての特徴は以下の通りです。
ストラテジーA:コブラ
押し目、戻りを狙うスキャルピングタイプですね。
buy_pyramid
1pips前後~20pipsの利益を、
状況に応じて確実に決済していきます。

そして、利益を大きく狙えそうになると、
ピラミッディングという積み増しを入れて利益の増大を狙います。
sell_pyramid

ナンピンでは無いので、
常に決済は全部一括という事では無く
個別に利益を取りに行きますね。

ただ、積みました途端逆行して損切りに掛る、
と言う事もありますので
 ↓
buy_sl
sell_sl
調子に乗ってロットを大きくすると
痛い目に遭うかもしれないので注意が必要です(T_T)


ストラテジーB:タイガー
トレンドフォロータイプのEAです。
ダマシに遭ってしまった時は一回だけナンピンが入ります。
buy_nanpin
sell_counter

滅多に損切りに掛らない様に、
内部でSL値を変更しているのですが、
buy_sl

たまに一気に損切りにかかることも有ります。
maxdd_2013


ストラテジーC:フォックス
こちらはナンピンもピラミッディングもしない
単発でのトレードをするEAです。


ストラテジーD:ゼブラ

2013年10月25日に追加となったストラテジーです。

中期のトレンドを読んで、
逆張りで押し目・戻りを狙ってエントリーします。

他のEAより、若干ドローダウンが大きい(1463.80ドル)ので
推奨資金管理としては5000ドル:0.1ロットとなっていますが
その分収益としては大きくなっています。
 ↓
backdata004


コンセプトも追加になりました。

このEAは普通の商品と異なり、
EAを随時追加する仕組みとなっていますが、
それに加えて、その使い方についての提案もなされています。

複数のEAを組み合わせて運用する、
■ロジックポートフォリオの構築
という考え方の上に、

■レポートマネージャーによるポートフォリオのカスタマイズ(中級者以上の方)
という提案も追加となっています。

ただ単にEAをたくさん提供しても、どう使ったら良いのかわからない、
という人が多いだけでは全然駄目なので、これは良い試みだと思います。


なお、カスタマイズに必要となる「レポートマネージャー」については、
販売ページでも説明されてますので、まずはご確認下さい。
FOREXポートフォリオトレーダー


資金管理と注意点。

注意点:その1

このEAを利用するためには、
Pepperstoneでの専用口座を開設する必要があります。
いわゆる口座縛りという奴ですね。

ご利用中の口座やキャッシュバック口座では使えません。


注意点:その2(資金管理について)

私が行った、1万通貨(0.1ロット)でのバックテストだと、
概ね1000ドル程度の最大ドローダウンに収まっているので

販売者さんの資金管理としては
2500ドルあたり0.1ロット
での運用が推奨とされています。

ですが、最大ドローダウン1000ドルが本当に訪れたら、
資金に対しては40%の損失となりますので、

そこまでの損失を受け入れられない(>_<)
と言う方には、もっとゆるめの資金管理が必要でしょうね。


注意点:その3

また、ストラテジーC:フォックスに関しては、
複利運用に対応しておりますが

3つのEAを同じ口座で使うと言う場合、
他のEAがエントリーしていた場合、

その含み損益やドローダウンによって、
ロット数が可変してしまいますので、
あまり過激なリスク設定だと思わぬ損失を被るかもしれません。

資金が増えてくるごとに手動でロットを調整された方が
やはり安全だと思います。

入念にバックテストを行って、
ロット設定には気をつけて運用されて下さい。


バックテストはこちらです。

今回の記事のために獲ったバックテストを残しておきます。
ヒストリーデータはPepperstoneのMT4で
ヒストリーセンターからダウンロードしたものを使っています。

ストラテジーA:コブラ
2008年~2013年1月まで
A_2008-2013


2008年
A_2008


2009年
A_2009


2010年
A_2010


2011年
A_2011


2012年
A_2012


2013年(10月15日まで)
A_2013


ストラテジーB:タイガー
2008年~2013年1月まで
B_2008-2013


2008年
B_2008


2009年
B_2009


2010年
B_2010


2011年
B_2011


2012年
B_2012


2013年(10月15日まで)
B_2013



ストラテジーC:フォックス
2008年~2013年1月まで
C_2008-2013


2008年
C_2008


2009年
C_2009


2010年
C_2010


2011年
C_2011


2012年
C_2012


2013年(10月15日まで)
C_2013




FOREXポートフォリオトレーダー

FOREX ポートフォリオトレーダーについてはこちら


今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m

お帰り前に、ポチポチッと応援クリック↓をお願いします(^_^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク