セブンインベスターズのVTトレーダー2について

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ


セブンインベスターズについて。

このセブンインベスターズという証券会社を
ミラートレーダーの業者として新たに導入しようか?
と検討していたところ、

ミラートレーダーをやめて、
VTトレーダー2の提供を始められたと連絡が来ました(>_<)

MT4の口座も有るので特に困らないのですが
他社には無いサービスなので、どんなのか?をまとめてみました。


行政処分から買収と復活まで。

その前に・・・

セブンインベスターズと言えば、
昨年12月に自己資金比率の問題などで
3ヶ月間の行政処分を受けておられました。
 ↓
その時の日経新聞の記事

その後、4月に入り、
日産センチュリー証券からM&Aを受け、
 ↓
【日産センチュリー証券】セブンインベスターズ株式取得の背景と目的

今年の8月から、
業務を刷新して再出発した、という経緯の様ですね。

業務刷新に当たり、
ミラートレーダーやカブロフという過去のサービスを止め、
VTトレーダー2など新しいサービスを始めたという事の様です。

行政処分を受けると印象が悪くなってしまいますが
ちゃんと復活できたと言うことですので
悪い業者じゃないという証明にはなってると思っています。


セブンインベスターズのVTトレーダー2について。

FX自動売買ソフト=メタトレーダー4
というイメージは、すっかり定着している気がしますが

最近では、
一部大手メディアなんかも取り上げていて
ミラートレーダーも自動売買の一部、みたいになってきてますね。

そんな中、
結構古くから存在するのにマイナーな存在なのが
VTトレーダーです。

画面はこんなの。
 ↓
VT2

MT4やミラートレーダーと違い
白バックの画面なので、
こっちの方が見易いという方もおられますね。

手動でトレードする画面としては
指し値逆指し値も出来ますし、
 ↓
order

もちろん、OCO注文も出来ます。
 ↓
oco

インジケーターも沢山搭載されています。
 ↓
indi


自動売買も搭載しています。

ミラートレーダーと同様に自動売買ソフトの一覧が有り、
そこから選んで組み込み、自動売買を始める事が出来ます。
 ↓
system

詳細な説明は日本語化されていない様ですが(^^ゞ

例えば、移動平均線のクロスで売買する、
なんて感じのプログラムも存在します。
 ↓
macross

このシステムだと、
ゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売り、
って繰り返す感じですね。


また、MT4との違いは、
EAと呼ばれる自動売買のプラグインソフトが
ほとんど出回っていないという事でしょう。

MT4と同様に、
自分で作る事も出来る、と言う事になっていますが
今後、作りやすくなるツールの登場が望まれます。





法人口座のレバレッジが凄いというお話。

セブンインベスターズは、後発組と言う事も有ってか
法人レバレッジ500倍という強烈なインパクトで攻めておられます。

レバレッジが高ければ良い、
と言うものでも有りませんが

少ない資金で大きなロットを張れる
というのは間違いないメリットです。

ただ、その為にだけ法人化する、
というのも短絡ではあります。

法人化のメリットは大きいですが
デメリットもしっかりと存在します。

個人のFXにかかる税金は
現在、申告分離課税となっているので

どんなに利益が出ても
その20%しか納税しませんが

法人の場合、
事業所得は法人税として累積加算していきます。
最大40%もの税金を支払うことになる可能性もありますので

レバレッジと税金と、
どっちにメリットが大きいか?という
比較検討は必要ですね。





今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございましたm(__)m

お帰り前に、ポチポチッと応援クリック↓をお願いします(^_^)