セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』VSインヴァスト証券『シストレ24』

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)



ミラートレーダーはコピートレードです。

シストレ24とかセントラルミラートレーダーで使っているミラートレーダーは、
基本的にコピートレードですので、

送信元と受信側の口座では
売買の結果が異なることが多いです。

・・・というか、異なります(^^ゞ

そう断言出来るのには、この様な理由があります。

送信元がシグナルを出す。
 ↓
シグナルが送信される。
 ↓
証券会社でシグナルを受信する。
 ↓
受信した口座で売買する。

という若干のタイムラグが有る事に加えて、
スプレッドの違いや約定のスリップ
という要素も絡むからなのです。


スプレッドの違い。

どんな業者でも、大なり小なりスプレッドの違いがあるのですが、
送信元と受信側でもスプレッドは違うので、
単純に公式データと同じ結果にはならないんですね。

これは、今月の『ThirdBrainFX』ですが、
 ↓
ThirdBrainFX

赤枠で囲った部分だけ見ても、
802.8pipsの獲得となっています。

円口座1万通貨なら、80,280円の獲得です。


これが、『シストレ24』の実口座ではこうなりました。
 ↓
ThirdBrainFXシストレ24

770.1pipsで77,010円でした。

32pips、3200円も違いますね(^^ゞ


ちなみに、『セントラルミラートレーダー』では・・・
 ↓
ThirdBrainFXセントラルミラートレーダー

782.3pipsで78,230円でした。

『シストレ24』に比べ12.2pips、1220円も得してます。

トレードがたった6回しか無いのに
毎回平均で2pips違うという事になりますね(>_<)


公式結果との差も20.5pips、2050円まで縮まりました。
つくづく、スプレッドは馬鹿にならないですね・・・


両社スプレッド比較

あくまで表示されている部分だけとなりますし、

実際にはシグナルを受信してから約定するまでに
タイムラグ(スリップ)も有りますので
参考程度にしかなりませんが・・・
 ↓
3社スプレッド比較表

そうは言ってもこれだけ違うと、
シストレ24でやっているのが勿体なく感じてしまいます(>_<)


回数が多いと少しマシ。

一発の勝負が大きい『ThirdBrainFX』では
上記のような差が目立つ結果となりましたが、

トレードの回数が多い、
スキャルピング系であれば比較的マシになる様です。


これは『Amao188』というストラテジーなのですが
 ↓
Amao188

『シストレ24』だとこんな感じで
 ↓
Amao188シストレ24

『セントラルミラートレーダー』だと、こうなりました。
 ↓
Amao188セントラルミラートレーダー

18.8pips、2,862円の違いとなりました。

トレード回数が23回ですので
平均0.8pips、124円の差ですね。

有利な方向への誤差も出た、という事だと思いますが、
それでも積み重なると大きい差ですね(^^ゞ


極端な例。

スプレッドが狭いと、こういう極端な違いを感じることも有ります。

『fxniuniu』で起こったことですが、
 ↓
fxniuniu

この様に
公式結果が「ほぼトントン」で逃げている状況で

『シストレ24』では、やはりマイナスとなりましたが
 ↓
fxniu_シストレ24

『セントラルミラートレーダー』では、
狙い通り「トントン」で逃げました(^_^)
 ↓
fxnin_セントラルミラートレーダー


極端な例ではありますが、
これもまた積み重なると大きな違いになるかもしれないので、

やっぱり、スプレッドの狭いところで運用した方がお得かな?
と感じてしまいますね(^_^)


セントラルミラートレーダーについてはこちら

セントラル短資FXの『セントラルミラートレーダー』の詳細