沙耶とり物語、桜夜とり物語、彩陽とり物語について

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

沙耶とり物語、桜夜とり物語、彩陽とり物語について
AirForcePlus_EUAUの姉妹品という感じで、

同じようなコンセプトの
沙耶とり物語桜夜とり物語彩陽とり物語
がリリースされていますが、
 ↓
沙耶とり物語

『AirForceLite_EUAU』も含めて、
それぞれどう違うのか?
というのが気になるところですね(^^ゞ


私自身、

『AirForcePlus_EUAU』
『AirForceLite_EUAU』
『沙耶とり物語』

の3つをフォワードテストしていますが

実際に稼働させてみた所の印象としては
どれも似た様な感じ、と言えなくも無いですね(^^ゞ

というのも、
『AirForcePlus_EUAU』は、

何度も何度もバージョンアップを繰り返し、
当初のコンセプトから、ずいぶんと変遷してまして

『AirForceLite_EUAU』
『沙耶とり物語』などは
その中で生まれてきた派生商品という印象です。

『AirForcePlus_EUAU』は、
当初、複数通貨ペア・両建て必須で、

ほぼ複数の通貨で決済となっていました。

複数通貨両建て

これが、
途中の(V55)バージョンアップで、
単一通貨、片方向への利益確定も行う様になりました。

片方向への決済

この、「片方向への利益を追求も出来る」と言う部分と、
「通貨ペアが違う」と言う事と、
「全体として利益が出ていたら全部決済する」
と言う部分が

『AirForcePlus』/『Lite』と、
『さや取り3姉妹』との、相違ポイントの様ですね。

この違い、
言い換えれば、

全体として利益が出ていなければ、
ずっとポジションは保有し続けますし、

片方向への利益で決済するという事は
残ったポジションは、ほとんどが含み損という事になりますので

『AirForcePlus_EUAU』と同様、
ずっと大量のポジションを含み損で抱えている、
という状況になりがちです(^^ゞ

また、細かい違いとしては、
利益確定のpipsが、
『AirForcePlus_EUAU』では10pips、
『さや取りシリーズ』では15pipsとなっている様ですが

『AirForcePlus_EUAU』では、
「V62」で、利益確定pipsを調整できる様になったので、
この部分は同じにすることも出来ます。

というような事から、
『AirForcePlus_EUAU』
『AirForceLite_EUAU』
『沙耶とり物語』

の中で、どれが良いか?
と言うのは、非常に難しい質問であって、

いずれも、
長期間含み損を抱えながら、
プラスになるポジションを、
日々、ちょっとずつ絞り出していく、
というスタイルは変わりませんので

「どれでも似たようなモノ」
と言えなくも無いなぁ、というのが私の個人的な見解です(^^ゞ

少なくとも、
これらを複数同時に運用する、
というのは、資金管理の面からも
あまり効率が良いとは言えない気がします。

単純に、ロットを上げて運用するか
2つの口座で同じEAを動かしているのと
さほど変わらないと思いますね(^^ゞ


沙耶とり物語のフォワード結果【途中】
ご参考までに・・・

3月26日から4月19日までの
FXDD、5000ドル・0.01ロット運用のフォワード結果はこちらです。
 ↓
沙耶とり物語

タイミングにもよると思いますが
概ね、ポジションの方が多い印象ですね(^^ゞ


AirForcePlus_EUAUについてはこちら。
AirForcePlus_EUAUのレビューと詳細

毎日が貯金の日
AirForcePlus_EUAU






今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございました^^