無料のVPS?FXDDクラウドについて

FXDD今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ

MacでもipadでもMT4が使える?

新たに始まった、FXDDクラウドというサービスは、

FXDDクラウド

通常のVPSとは違う感じになってまして、
windowsパソコンだけではなく、
MacやipadなどのタブレットでもOKとされています。

実際はどうなっているのでしょう?
契約して使ってみることにしました(^_^)


必要なのはFXDDの口座と運用資金だけ。

このFXDDクラウドを利用するに当たり、
必要条件とされているのは、以下の二つのみです。

・FXDDの口座で有る事。
・1口座2500ドル(円口座なら20万円)以上の資金が口座に有る事。

この二つの条件が揃っていれば、
誰でも申し込むだけで使える様になります。

ただ、
この時点では、

使用量として月初(又は開始時)に
30ドルの利用料が聴取されます。

1ドル=90円なら2700円ですね。


ですがこれ、
1口座あたり一ヶ月に5.0ロット(50万通貨)
のトレードをすると、30ドル戻ってくる、という
実質無料での使用も可能なんです(^_^)v


※これらの条件は、複数の口座の合計ではダメです。


申し込みは簡単。




に必要事項を入力して送信するか、
support.jp@fxdd.com.mt へメールすると、

『FXDD Malta Documents for E-Signature』
というメールが届きますので、
画面上で同意のサインを入力し、



最後に『I Agree』にチェックを入れてOKをクリックすると完了です。




処理が完了したら、
『【FXDDクラウド】口座開設が完了しました。』
ってメールが来ます。


FXDDクラウドの使い方。

ログイン画面にメールアドレスとパスワードを入力。
 ↓

http://www.fxddjpblog.com/fxddcloud/

すると、こんなMT4画面が
インターネットのブラウザ画面上に現れます。
 


もちろん、デモ口座でも使えます。



画面表記は初期状態では英語なので、
日本語に変更しておきましょう。

上部のメニューバーから『Change Language』をクリック。



『日本語』を選んで「select」をクリック。



日本語に変わりました(全部じゃ無いですけど・(^^ゞ)




続いて、EAファイルのアップロードをしてみました。

早速、デモ口座で動作を確認してみましょう。
※初見のシステムで、いきなりリアル運用するのは危険ですよ(>_<)

EAの導入は、左にあるメニューボタンから行います。

『アップロード』をクリック。



一度に3つファイルを送信することが出来ます。




ただ、fx-onのEAなど、
認証ファイルが必要なものは、注意が必要ですね(>_<)

ちょっと複雑な分類に入る『勝てるMAX!「ザ、FX EURUSD」』の場合、
こんな感じでアップロードすることになります。




「Expert」フォルダに入れるものは『EA』として。
「Expert」-「library」フォルダに入れるものは『dll』として
それぞれアップロードします。

※それ以外のファイルは、必要に応じてお試し下さい(^^ゞ




無事アップロードが終わると、自動的にMT4も再起動される様です。




あとは、必要とされるチャートを開き、EAをセットするだけですね。



※EAを右クリック⇒「チャートに表示」とした方が確実でしょう。


ちゃんとパラメータも入力出来ます。




無事、動いてくれてます(^_^)v



トレードも問題なしです。





VPSとはちょっと違う。

この様に簡単に使えるサービスですが、
いわゆるVPSとは違います。

「リモートデスクトップ」
を使いませんので、

基本的に「1画面につき、MT4は1つ」しか動きません。

複数のMT4を同時に使う、
と言う事は出来ません。

ただ、複数の口座を使う事は出来ます。


メニューバーの『VPSに変更』(VPSの、ですよね・・・)をクリック。




契約した口座の分だけ選択肢が出るので、クリックで切り替え。





FXDDクラウドについてはこちら

FXDDクラウド


FXDDについてはこちら
 ↓
FXDD 口座開設
FXDDの運用についてはこちら


今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございました^^

お帰り前に、ポチポチッと応援クリック↓をお願いします(^_^)