2011年、FX自動売買ソフト・利益獲得ランキングを集計しました。

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

2011年、FX自動売買ソフト・利益獲得ランキングを集計しました。

2011年から現在まで
継続して使っているソフトの利益率というのを集計してみました。

これは、一年ずっと使っているものや
まだ、数ヶ月しか経過していないモノも有り、

また、ロット数も固定だったり、
ナンピン・マーチンゲールで変動だったりと
不公平にもなりかねないので

少しでも公平に出来るようにと
平均月利、と言うカタチにまとめてみました。

それでも、中には、資金がギリギリの最小限のモノや
余裕たっぷりのものも有り

必ずしも公平では無いかもしれませんが
ポートフォリオを組み上げるのには参考になるかな?
と思いまして、計算してみました。


※利益率の高いモノから、降順です※

クリックされますと拡大表示になります。
 ↓

※がんばれニッポンゴールドFXは、30万円と3000ドル両方の合計で集計しました。
※一部計算間違いがあり、修正しましたm(__)m (2012/01/26)


パトリオットの実績が際立ってます(^^ゞ

こんな感じで、『パトリオット』の成績がマジで際立っています(^^ゞ

これがもうちょっと、使用上のハードルが低くて使いやすかったら、
ホント、一番にオススメしたいくらいです。

現実には、ユーロドルが、「1.23235」などと
下5桁表示されるブローカーでは
よほど慎重にテストして数値を設定しないと、ボロ負けしてしまいますし

「1.2323」と表示される下4桁ブローカーでも、
スプレッドが広いところでは、これだけの成績は出ないでしょうし、
なかなか、「万人向けでは無い」ところがホント悔やまれます(T_T)

テスト⇒調整⇒テスト・・・
っていうのがお好きな方には面白いと思うのですが(^^ゞ


また、『HUAUトリオ』が、上位を独占していますが
これは、資金がかなり少ない、と言うのが、実は貢献しています(^^ゞ

ギリギリ最低の2000ドル(5000ドル)運用で、
かなりハイリスク設定とも言えますので

本来で有れば、
1万ドルでの安全運転設定で、公平に計る必要があるのかもしれません(^^ゞ

『HUAU TRENDISjr SP』などは特に、
今のところ損切りに掛かってないだけで

wp.me/p1n0Nv-7Z9

2000ドル(0.1ロット時)の損切りは、
いつ来てもおかしくないですから、

それを加味すると、
この数値は鵜呑みには出来ないかも(^^ゞ


ですが、
『HUAU USDJPY_EURUSD PRO』に関しては、

ついに1周年を迎え、
見事に負け無しで来ています
ので、
ハイリスク設定とはいえ、かなり安定度が高いと言えますね。

なんと言っても、
2011年を、無敗で乗り切るって、なかなか凄いことですよね?(^_^)

これ、動きを見ている限りでは、
『HUAU TRENDISjr SP』と、ロジックはほぼ同じような気がしますし、

安定を取るか?過激な利益を獲りに行くか?
という選び方も出来るかもしれません(^_^)


また、早朝スキャルも数有れど

やはり、『FXソルジャー』の安定感には
ただただ脱帽です(^_^)

これもハイリスク設定なのに、
しかも、3月に大ドローダウンを喫したのに、

見事、
大幅プラスで終了です(^_^)V

なんだかんだ言って、
私が一番長く付き合っているソフトとなりました。


『GoldmanSystem』に関しては、
二ヶ月くらいでは真価を計ることは難しいEAかもしれません。

複数のロジックを組み合わせて、
ホントに長い目で見て利益を獲得する、というシステムのようです。

コレに関しては、もう少し、テストを継続してみようと思います。


『がんばれニッポンゴールドFX』
『TradeMaxZillion』に関しては、

奇遇にも、両者とも、最近の相場に最適化しているというコンセプトで、
いわば、使うなら今!的な感じですので、
引き続き頑張ってもらおうと思います(^_^)


『システム堅【KEN】』は、名前の通り、本当に堅実なソフトで、
全く動かないという状況が多く見られました(^^ゞ

それだけ危険な相場だった、と判断しているのでしょうけどね(^_^)

君子危うきに近寄らず、という印象です。
安定を取る代わりに、動きを制限しているという印象もぬぐえませんが(>_<)


安定感と言う事では、
やはり『クリッパー』が欠かせません(^_^)

これも、約一年の実運用で、安定して利益を獲得してくれてます。

ただ、2011年後半は、
安全マージンが大きいことが逆に災いしてしまい、

日別、月別では、さほど大きな動きをしてくれない
と言う事も往々にして有りました(^^ゞ

ですが、そこにこそ、相場の罠、
大きな落とし穴が存在するものです(T_T)


ここでロットを大きくしたり、他のソフトに浮気をしたり、
目先の利益に走ってしまうと、

突然の急変で、
一気にやられてしまう危険性が有ります(>_<)


せっかく安定したソフトを持っているのに
自ら不安定にさせていては、ホント、意味がありませんから、

ここはグッとこらえて、
もうちょっと先を見て、長期的に運用していきましょう(^_^)V


とはいえ、
やはり、せっかくの運用資金を、上手に運用したいモノですよね(^^ゞ

そこで、密かに提案しているのが、
『クリッパー』が動いていないスキに、
『パパッとスキャルピング作戦』ですね(^_^)V

wp.me/s1n0Nv-30501

年末と年始に、珍しく損切りに掛かってしまった
『Forex Racco V2』ですが、

5000ドル、0.1ロットという、
超安全運転で、1.36%の利回りです。


これ、損切りに2回掛かったとしても
約100ドルの損失ですから、

もし、精神的に耐えられるのであれば
1000ドル、0.1ロットでも問題無い、と言う方もおられるでしょう(^_^)


と言う事は、1万ドルで1.0ロットだって
可能と言う事なんですよね。

この場合、損切り2回で1000ドルのマイナスです。

この様な負け方を想像して、
「連勝で取り返してくれるさ!」と、前向きにとらえることが出来れば、
そんな運用も可能なわけですね。


でも、サスガに、1.0ロットは大きいので、
私は安全マージンを倍にして、0.5ロットにして運用しています(^_^)V

この場合、一回の勝ちが20~30ドルくらい。
で、損切りが一回、250ドル。
こんな感じでイメージしています(^_^)

8~10回の勝ちで相殺してくれる、という目論見です。


この様な運用で考えた場合、
W2C-clipper(1万ドル)4.58% の利回りに加えて、

Forex Racco V2の、1.36%という月利を、
2.5倍の3.4% という計算にしまして、
これを併用することにより、
4.58+3.4=7.98% となるかな?と考えています(^_^)


そんな事で、
2012年も、相変わらず『クリッパー』をメインで使っていこう、と思ってます(^_^)V



今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございました^^