新世代版FX自動売買ソフト 『EA Raming』 レビューと詳細

新世代版FX自動売買ソフト  『EA Raming』

『EA Raming』のレビューです。
『EA Raming』は、新世代版FX自動売買ソフトと言う事ですが
かなり異色であることは間違いないですね(^^ゞ


『EA Raming』は、メタトレーダー4を使い、24時間自動売買するソフトですが
メタトレーダー4


1つのソフトで、以下の4つの戦略を駆使してトレードを行います。



・ナンピン・マーチンゲール

・スキャルピング

・トレンドフォロー(順張り)

・カウンタートレード(逆張り)



これら4つを組み合わせて、ドローダウンを小さく、
それで居て利益を大きく取るというコンセプトと言う事らしいですね。


使用する通貨ペアはユーロドルのみです。
Raming通貨ペア


FXDD、またはODL JAPANでの専用口座が必要ですので、
口座をお持ちであれば、追加で開設する必要が有りますのでご注意ください。




ナンピン・マーチンゲールが基本です。
この 『EA Raming』は、ナンピン・マーチンゲールが基本戦略です。


ナンピン・マーチンゲールタイプと言えば
負けないけど、利益額が小さいと言うのが一般的です。


逆に言えば、ナンピン・マーチンゲールが発動しないと
あまり稼いでくれない、という欠点があります。


普段はコツコツと小さな利益を稼ぎますが、
エントリー後、相場が大きく反転したときに
ナンピン・マーチンゲールが発動して


同じ方向に追加でポジションを取り、
最終的に利益を獲得する、と言うスタイルですね。


この欠点は、ナンピン発動中に大きなトレンドが発生したりする
「美味しい状況」が来ても、ナンピンの解消に全力を注ぎ込みますので

もったいないなぁ、と思うことも度々有るんですよね・・・



そんな状況を、残り3つのシステムが打破してくれる、
と言うのがコンセプトのようです。




4年間負け無しとのことです。
『EA Raming』は、過去4年間負け無しと言う事ですが
広告ページには、あまり具体的に記載が無かったですね(^^ゞ

なので、テストをしてみました。


テスト期間:2008年1月1日~2011年3月30日
1000ドル、最低ロット(0.01スタート)複利運用。

『EA Raming』StrategyTester


獲得利益:1780.63ドル
プロフィットファクター:1.42
最大ドローダウン:255.40 (9.37%)
勝率:64.41%


ナンピンですから、勝率は低くて当たり前ですが、
3年3ヶ月で、資金が2.7倍になっています。


ただ、月単位での負けは、たまにありますね(^^ゞ


テストの条件は全く同じでは無いでしょうけど
「完全に無敗」という訳ではなさそうですが
年間では大きくプラスとなっていますね。


上記は、最小のロットですから、
仮にロットを倍で始めてみると、どうなるのでしょうか?



テスト期間:2008年1月1日~2011年3月30日
1000ドル、2倍ロット(0.01スタート)複利運用。

『EA Raming』StrategyTester


獲得利益:8650.54ドル
プロフィットファクター:1.44
最大ドローダウン:1503.39ドル (16.16%)
勝率:64.44%


複利運用、恐るべしといった所ですが、
同じ期間、同じ条件で資金が9.6倍になってしまいますね。


グラフは同じ様な曲線を描くので、単純にロットの分だけ大きく稼げましたね。
2倍くらいのロットで有れば、資金が底を突く事も、ロスカットにかかる事も有りませんでした。



ちなみに、それ以前の期間では、どうだったか?というと・・・


テスト期間:2004年1月1日~2007年12月31日
1000ドル、最低ロット(0.01スタート)複利運用。

『EA Raming』StrategyTester

獲得利益:754.58ドル
プロフィットファクター:1.33
最大ドローダウン:155.67ドル (8.73%)
勝率:63.93%




テスト期間:1999年1月1日~2003年12月31日
1000ドル、最低ロット(0.01スタート)複利運用。

『EA Raming』StrategyTester

獲得利益:687.41ドル
プロフィットファクター:1.22
最大ドローダウン:222.35ドル (13.50%)
勝率:55.42%


2002年6月から9月の期間で、13%程のマイナスを出していますが、
これも、年間ではプラスとなっていますね。


4つの頭脳は切り離せます。
『EA Raming』では、4つの頭脳が同時に働いて自動売買していきます。

・ナンピン・マーチンゲール

・スキャルピング

・トレンドフォロー(順張り)

・カウンタートレード(逆張り)



これらは、好みで使ったり使わなかったりも出来ます。
パラメーターで設定が出来ます。

『EA Raming』


「ナンピン・マーチンゲール」だけ、とか
「順張りを使わない」とかいった工夫も出来ますので
相場の状況でカスタマイズをすることも可能ですね^^


試しに切り離してテストしてみました(^_^)

テスト期間:2008年1月1日~2011年3月30日
1000ドル、最低ロット(0.01スタート)複利運用。

ナンピン・マーチンゲールタイプのみ、の場合

『EA Raming』StrategyTester


獲得利益:382.64ドル
プロフィットファクター:1.81
最大ドローダウン:53.14ドル (3.98%)
勝率:65.69%



スキャルピングタイプのみ、の場合

『EA Raming』StrategyTester


獲得利益:349.63ドル
プロフィットファクター:1.51
最大ドローダウン:53.04ドル (5.20%)
勝率:79.60%



トレンドフォロー(順張り)タイプのみ、の場合

『EA Raming』StrategyTester


獲得利益:344.27ドル
プロフィットファクター:1.59
最大ドローダウン:69.31ドル (4.98%)
勝率:26.22%




カウンター(逆張り)タイプのみ、の場合

『EA Raming』StrategyTester


獲得利益:123.64ドル
プロフィットファクター:1.18
最大ドローダウン:78.58ドル (7.35%)
勝率:55.41%



全部足しても、1200ドルの獲得利益にしかなりませんので
やはり、4つ全部使わないと本来の性能は出ない感じですね^^


『EA Raming』についてはこちら。