ForexBlade(EA)のレビューと詳細

ForexBladeのレビュー

ForexBladeは、
メタトレーダー4(MT4)にインストールして使用する
EA(エキスパートアドバイザー)ですね。
MT4


運用通貨ペアはユーロ/ドル(EURUSD)です。

24時間、トレンドフォロータイプで、
エントリー後逆行した場合は、
ナンピン・マーチンゲールが発動し、

含み損を、最終的には利益に変える、
という戦略をとっています。


ナンピン・マーチンゲールというと、
含み損が一時的に大きくなるので、

そのまま破綻するんじゃ無いか?

という悪いイメージが先行しがちですが、


このEAでは、そのリスクを最大限抑えて、
堅実に設計されています。


ちなみに、どこまでも「資金が続く限り」追いかけるという事では無く
4000ドルの損切り値も設定されています(変更可)。



人それぞれ、考え方が違いますので一概に言えませんが・・・
FXでは、勝率が100%を狙えない場合、

出来るだけ、少なく負けを認めて、沢山勝つ方法。(日別で損失有り)

負けそうになっても、リカバリーして利益に変える方法。(日別で損失無し)

の、大きく2つになると思っています。


このEAは、後者を選択して設計されているという事ですね。

その代わり、1回の勝負が長引くことが有り得ますが、
このEAの場合、長くて数日と、
比較的短期決戦でケリが付くことが多い様です。



ForexBladeの仕組み

ForexBladeの仕組みに関しては、
上記の通り、ユーロドルを
トレンドフォローでトレードし、
1回の勝負で20pips程(0.1ロット時)の利益を狙います。

エントリー後、利益確定の前に反転したら、
ナンピン・マーチンゲールで、
極力、リスクを抑えて利益に変えていくという戦略になっています。

口座の縛りはありませんので、
どこのブローカーでも運用は可能ですが、

ユーロドルのスプレッドが常に2pips以下で
約定能力の優れたところが推奨となってまして、

FXClearingが推奨となっていますね。

FXClearingについてはこちら


なお、詳細については、
販売サイトのfx-onに、販売者さんからの説明が詳しく載っているので
こちらを参考にされてくださいm(__)m
 ↓
EXPERT ADVISOR Forex Blade EURUSDの最高峰!
Forex Blade



ForexBladeのバックテスト。

fx-onのサイトでは、2005年からのバックテストについて
詳細が掲載されていますが、

ナンピン・マーチンゲールで、非常に強いEAですので、
5000ドルの資金が、半年で倍になる、
という勢いを持っています(゜Д゜)

なので、後半になればなるほど、資金が多くなり、
ナンピン・マーチンゲール特有の
「資金が足りなくなる」という不安が軽減してきます。

従いまして、
ある特定の局面でテストを開始すると、
大きく負けてしまう、という現象が起こるかもしれない、
と不安を感じる方もあるかと思いますが

コチラでテストしてみたところ、
リーマンショック以前はもとより、
リーマンショック以降の一年刻みでも
キレイに勝ち抜けてくれていましたので、
ご参考にされてください。

2008年1月1日~12月31日



2009年1月1日~12月31日



2010年1月1日~12月31日



2011年1月1日~12月31日



5000ドル資金で0.1ロット運用というのが、
1つの目安になっている様ですが

これだけの実力が発揮出来るのであれば

無理にロットを大きくしなくても、
同じ資金で半分以下のロットで、
低リスクで運用しても、十分な気がしますね(^_^)


ForexBladeについてはこちら。

 ↓ ↓ ↓


ForexBladeを確認

ForexBlade


クレジットカードでも購入できます。

支払い方法は、金融機関の振り込みの他、
クレジットカードでも可能ですが、

ペイパルに登録しないと、カード決済が出来ません(>_<)

なお、ペイパルの登録に関してはこちらを参考にされて下さい。
 ↓
ペイパル(PayPal)の登録方法


 ↓ ↓ ↓


ForexBladeを確認



※投資は自己責任です。投資するのもしないのも、どんな仕組み(ソフト)で投資するのか、詐欺みたいなソフトをつかまされてしまうのも、良いソフトをみすみす見逃してしまうのも、全て自己責任となってしまいます。FXのソフトでは、ソフト代金以上に運用資金を無くしてしまうリスクも有ります。また、当サイトに書かれている内容は、個人的見解に基づいており、結果を保証するものではありません。また、管理人は何らかの投資に関する資格を保有しているものでも有りません。