Sponsored Link
newsite

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開しています。

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ


新しい読者様にはなじみが薄いかと思いますが
今年の頭に、『W2C-Clipper(クリッパー)』というEAが
大変残念な結果を招きました。

想定していた資金管理を上回る、
「これまでに無い相場」に遭遇したため
当然の結果を招いただけなのですが

一番残念だったのが
タイミング悪く販売を休止されてしまった、
という事なんですよね。

この投稿の続きを読む »

2013年10月3日 |

カテゴリー:W2C-Clipper

W2C-Clipper(クリッパー)が一時販売休止に

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ

2013年1月31日をもって一旦販売休止です。

非常に残念な事ですが、
今月いっぱいでクリッパーが一旦、販売休止となります。

この投稿の続きを読む »

2013年1月28日 |

カテゴリー:W2C-Clipper

W2C-Clipper(クリッパー)の運用口座変更について

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

W2C-clipper(クリッパー)の運用口座変更について。

クリッパーは、従来から、
1つの購入につき、1つの口座でのみ、運用が可能です。


これは、新規口座を開設して、
その口座でしか使えないという口座縛りというモノでは無く、

不正利用を防ぐために、使う口座番号を登録する、
口座認証制度を導入していると言うモノです。

この投稿の続きを読む »

2012年6月28日 |

カテゴリー:W2C-Clipper

W2C-Clipper(クリッパー)の破綻?

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

皆様の暖かいご協力(応援クリック)をお待ちしておりますm(__)m
 ↓
にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ ⇒  人気ブログランキングへ

W2C-Clipper(クリッパー)の破綻?について
二週間連続で上昇を続け、
昨日、ついに81円台に乗ったドル円相場ですが、
 ↓


『W2C-Clipper(クリッパー)』をお使いの方は
大半がナンピン3段目を保有している状況では無いでしょうか?
 ↓


これは私の1万ドル運用の口座です。

今までの利益も有りますので、証拠金維持率はこんな感じですが、
少ない方では2800%程度という方もあると思います。


元々、資金管理さえしっかり決めておけば、
破綻することなく利益を着実に積み上げてくれる

『W2C-Clipper(クリッパー)』ですが

いざ、その局面に遭遇すると、
不安で仕方が無いと思います(^^ゞ

特に、これが初めて、という方には
何が何だか???(◎o◎) という事にもなると思います。

この『W2C-Clipper(クリッパー)』においては
資金に対するロット設定さえ守っておけば
一方的な急騰・急落相場でちゃんと対応して利益にしてくれます。

具体的には、
・ローリスク設定(1万ドル0.01ロット)で、 
     7ナンピン → 合計27.2円

・ハイパフォーマンス設定(1万ドル0.06ロット)で、 
     5ナンピン → 合計12.1円

と、ここまでの一方的な逆行に対応出来ます。


ですので、最初に運用を開始する時に、
この設定をバッチリと決めてしまえば、

運用途中で、直近の値動きを計算して設定を変更したり、
一定のラインで含み損を損切りしたり、

という必要は無いんです(^_^)

最初から、
どの程度までなら対応出来る、
というのを覚悟して運用出来る、
と言うのが
『W2C-Clipper(クリッパー)』の最大の武器なんですね(^_^)V

ただ、実際にナンピンが3段、4段になったことがほとんど有りませんでしたので
不安で仕方が無い方も多いと思います。


という事で、ここで、過去の例から
今の状況を整理しておきましょう(^_^)


過去の例。
実は、昨年、3月16日に、3段目まで発動しています。
 ↓
W2C-Clipperの実績

この時も、一体どうなるのか?
という不安の声も多数頂きました(^^ゞ

ちなみに、今と同じく約5円の逆行となってましたね。
 ↓
http://wp.me/p1n0Nv-3Nl

ですが、このあと介入による逆行も有り、
1862pipsの獲得が出来ましたね(^_^)V
 ↓
W2C-Clipperの実績


チャートだと、こんな感じです。(※その時のチャート画像、探したんですが残って無くて(^^ゞ)
 ↓





ですので、
「これ以上、円安が進んだらどうしよう?(O_O)」
というご心配に対しては・・・


これが、過去最強に逆行したパターンです(^_^)
 ↓
long2008

5段目までナンピンが発動していますね。


108円から96円まで、ダラダラと下げていましたが、
そこからの相場の調整による戻りが有り、見事利益確定となってます。

こういう状況でも、プラスに持って来れるのが
「ハイパフォーマンス設定」なんですね。


そこで、その期間中に別チャートで「売り専門」を立ち上げておいたら、
その間、小刻みに利益を積み上げてくれると言うのが『両建て設定』ですね(^_^)
 ↓
short2008


実際、上記「5ナンピン」の期間は一ヶ月を超えてます(^^ゞ

バックテストでは一瞬で終わりますし、
後から振り返ったら一瞬ですが、

リアルタイムでは、
結構なストレスを感じる事になるかもしれませんね(^^ゞ


ですが、最初に設定したラインまでは
『W2C-Clipper(クリッパー)』を信じて
任せておくのが肝要です(^_^)



なお、長い目で見て、上下動をしない相場は無いと思っていますが、

仮に、一方的に円安がこのまま続き、
76円から12円の逆行、つまり88円まで、
一切、30%程の戻りも無い、

という最悪なシナリオが気になる方につきましては、
資金を追加しておかれる事をオススメします(^^ゞ


1万ドル0.06ロットで有れば
2000ドル追加するごとに、1円の逆行マージンが増える、
というイメージでお考え頂けると思います。

そして、この局面をクリアして、見事ナンピンが解消されたら、
今回追加した資金は、出金とか、資金移動してしまえば良い訳ですので(^_^)V


W2C-clipper(クリッパー)についてはこちら。
W2C-clipper(クリッパー)の詳細はこちら


W2C-clipper(クリッパー)の運用成績はこちら


今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございました^^

お帰り前に、ポチポチッと応援クリック↓をお願いします(^_^)

2012年2月25日 |

カテゴリー:W2C-Clipper W2C-Clipperの運用成績

W2C-Clipper(クリッパー)の資金管理(一例)

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

W2C-Clipper(クリッパー)の資金管理(一例)

今まで、クリッパーのお話しをする度に
「これは、資金管理が最大のキモですよ。」
って言ってきました。


これ、まさにその通りなんですけど
実は資金管理って、
すごくすごく奥が深いんですよ(^_^)


例えば、11月から12月に掛けて
ドル円の相場って
ほとんど動いていませんよね。

usdjpy11_12


11月は、安住大臣の
「納得いくまで介入」作戦により強制的に動きを止められていましたし


12月は特にユーロが弱く、
安全資産と思われている「円」は買われているのに

年末だと言う事で、ドル資金の需要が強い
と言う事も有り、

「ドル/円」だけが
パワーバランスによって膠着してしまってます。


と言う事は、
ドル/円の狭い値動きを狙っている
『クリッパー』のようなEAでは

エントリーはするものの、
全然決済に掛からない(>_<)



それどころか、
ナンピンさえ発動しない(T_T)


と言う状況になり

結果、全然稼がない(;.;)

って結果が出てしまってます(^^ゞ



こうなると、1万ドル0.06ロット両建てで運用していても
12月の利益が「数十ドル」とかじゃ無いかな?と思います。

私の0.1ロットでも200ドル程ですからね(^^ゞ

まあ言えば、
「期待とかけ離れた薄利」
になってしまってる、とお嘆きの方も多いんです(T_T)


ですが、これ、
あまりに稼がないからと言って

例えばロットを大きくしたとしても
目に見えて収益が上がるわけでもありません。

なぜなら
「ドル/円」自体が動かないからですね(^^ゞ


それこそ、エントリーは有るかもしれませんが
決済は30pips以上動くのを待つしかない・・・

と言う状況は、何も変わらないんですね。



これ、どうして、こんなにヤキモキするかというと

「資金効率が下がっちゃう」からですよね?


せっかく1万ドル(80万円ほど)ぶち込んでも
一ヶ月経って、利益が1万円とか2万円ではちょっと寂しいんじゃないの?
って感じですかね?(^^ゞ


これ、実際、リアルに考えると、
一ヶ月に1万とか2万円稼ごうと思ったら

朝から新聞配達したり、

年末の宅配便仕分け作業を、朝5時からしてみたり

必死で時間作って時給800円とかで働いて

一ヶ月合計、25時間ほど頑張ったら
やっと手に入るお金ですよ(>_<)



それだけの大きなお金が
資金を入れてMT4を動かしておくだけで

ホント何もしなくても入ってくるんですから
それで十分だと言う気もするんですけど

物足りない、っていう
お気持ちも分からなくはないです(^^ゞ


そこで、表題の資金管理のお話しが登場するわけです。


あ!!
前もって言っておきますが(^^ゞ

投資は自己責任です。
私は何らかの資格を持って
皆さんに投資を勧めるものでは有りません。
また、私の話の通りに投資をしたからと言って
私が何らかの責任を負うモノでも有りません。




と言うところで
本題に入りますと・・・


クリッパーが、0.1ロットのエントリーをしている時、
必要証拠金は約50ドルほどです。

0.1ロットですから、100pips動く度に、
含み損は1万円増減します。

もちろん、ナンピンが入りますから
その時点でロットは増えますが、

合計で0.5ロットになったとしても
100pips動いた時点で含み損は5万円単位で増減します。


この時点で、
もし11月、12月のように膠着してしまったら

残りの90万円ほどは、本当に「あまり」なんですよね。


これ、なぜ、これほどの資金を必要とするか?と言うと

一方的な12円もの逆行をしてしまった時に
含み損が50万円以上、限りなく100万円に
近づいてしまった
としても

「まあ大丈夫」なようにしてある、と言う事なんです。


つまり、その状況になるまでは
本当に単なる「あまり」、

含み損を受け止めるための厚めのクッションという感じです。


ですので、このマージン90万円を
例えば半分くらい、一時的に拝借して

パパッとスキャルピングでもして利益を上げちゃえば
資金効率というのは、ぐっと上がってしまうわけです(^_^)v


ここで気を付けないといけないのは

このスキャルピングが
簡単に大負けしてしまったらダメです(^^ゞ

また、ポジションの保有期間が長すぎてもダメです。


それこそ、
短期間でサクッと勝負を決める、
というタイプが求められますね。


勝とうが負けようが、です。
そういうのが理想です。


今で言えば、
『Forex Racco V2』ですね。


これ、滅多にエントリーしませんが、
ここぞ!と言う時には逃さずエントリーします。

そして、一回の利益確定はたったの8pipsです。

それだけの動きを見届けたらあっさり利益確定します。


また、損切りも50pipsと、非常に浅いです。
あきらめも早いですね(^_^)

しかも、ほとんど連敗もしないんですよね。

※無敗ではありません(>_<)


それなのに、勝率が激しく高く、
94%を軽く超えています。 ※12月15日時点。


この様な、

・高い勝率、
・短い勝負、
・損失も限定的。
・連敗もほとんど無い。 



資金を食いつぶしにくく、
それでいて短い時間で勝負を付けてコツコツと利益を積み上げる、


こういうEAを、たとえばクリッパーと同じ口座で動かしていると
資金効率って劇的に良くなると思うんですよね。


しかも、この『Racco V2』は複利運用にも対応しています。
つまり、口座の残高によってロット数を決めてくれますので

資金の余裕が増えれば増えるほど稼ぎも大きくなる
という設定も可能です。

もちろん、負ける時も大きくなるのですが
これに関しては高い勝率でカバーする、という感覚です。


ただ、この手法は
完全ほったらかし、には危険です(>_<)


常に口座残高には気を付けて
ニュースにも敏感になる必要が有ります。



いつも世界情勢を見張り、ドル円の相場には常に気を配って
もし、万が一クリッパーが危険な状況に陥る様な状況が、
もし考えられそうであれば

『Racco V2』の運用を即座に止めて、
クリッパーだけに任せておき

落ち着いてきたらまた『Racco V2』を動かす・・・

こういった、機敏さも求められます(^_^)



まぁ、今の円高基調であれば
一晩で10円も動くような事は、日銀も政府もほっとかないでしょうし、
元々大きく下がっているので、あまり動きに余地は有りませんが


危ないのは円安方向ですね(>_<) 



円安方向は、政府としても、むしろ「ウェルカム」だと思うので
かなり激しい動きでも黙認しそうですよね(^^ゞ

とまぁ、将来的にはそんな事も有り得ると思うのですが

そういう時には絶対に注意が必要で
100万円0.06ロットでも追加資金を考えないといけない、
かもしれませんけど


例えば、11月頭から、上記の様なクリッパー&Racco V2を運用していたら、
月利10%以上が狙えたか?なんて思ってみたり(^_^)
(取らぬ狸の皮算用・・・)



ちなみに、この方法には、
いくつかのやり方があります。

その1
まずは、『ゲムトレード』でなら『Racco V2』は無料なので

ゲムトレード専用口座を開設し
Racco V2を無料でゲット。

で、その口座でクリッパーを動かす。

これが、一番初期費用が少ないパターンですね(^_^)v



その2
もし、今既に『クリッパー』をお使いであれば

口座縛りのない『Racco V2』を購入して
引き続き、今の口座で使うことも可能ですが

上記の様に、ゲムトレードで口座を作って、
クリッパーの口座をそっちに変更する(要申請・実費5000円)
という方法も有りますね(^_^)



ちなみに、私は既に、この手法を思いついて実践しています。
今のところRaccoがあまり動いていないので寂しいですが

やる時はやってくれるので、今後を楽しみにしています(^_^)


まぁ、これも「資金管理」という言葉の
1つの考え方と言う事で、ご参考になれば幸いです。

W2C-clipper(クリッパー)とForex Racco V2についてはこちら。
W2C-clipper(クリッパー)の詳細はこちら



「たあぼオリジナル特典付き」です!
ご購入の時は「特典付」になっているか確認されて下さい^^

W2C-clipper(クリッパー)の特典についてはこちら


Forex Racco V2のレビューと詳細はこちら



今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございました^^

お帰りにポチッポチッと応援をお願いいたします(^_^)

2011年12月27日 |

カテゴリー:W2C-Clipper W2C-Clipperの運用成績

W2C-Clipper(クリッパー)のリスク管理(ロット設定)について

今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

7月1日からW2C-clipper(クリッパー)の両建て検証を始めています。
8月、636.7ドルという過去最高の利益を出してくれた『W2C-Clipper(クリッパー)』ですが


現在、私の運用の柱となってまして
「ナイショの他通貨バージョン」も含めて
現在3つ運用してます。


今まではずっと2つだったんですけど
先月末からもう1個、別のパターンで運用を開始しています(^_^)v


で、9月からはそちらを公開していくことにしたのですが


この、私の大切な『W2C-Clipper(クリッパー)』は非常に堅牢な作りとなってまして
今のような不安定な相場でも、何ら心配することなくお任せで


完全ほったらかしにしておいても
全く安定して利益を積み上げてくれています。


その根拠として、資金に対してロットを調整する
資金管理でリスク管理という設計思想のおかげというのが大きいです。


先のForex-Dの様に
いくら資金をつぎ込んでも
全く歯が立たないと言う事では困りますから(>_<)


どの程度の資金で
どの程度の相場まで耐えることが出来て

それでいて、どの程度の収益が見込めるのか?


そういうことが、明確に設計されているというのが
実は、もの凄い事なんですよね。


FXにはリスクが有ります。
利益が必ず出るものでは有りませんし
予想外の動きによって
元本を割り込んだりする事が有ります



っていうのが、決まり文句になってますよね?
まぁ、実際ホントのことなんですけど、


この免罪符を盾にして
クソみたいなソフトが横行しているようなものですが


こと『W2C-Clipper(クリッパー)』に関しては

どれくらいの資金でどの程度のロットで運用すれば
どういう相場まで安心出来て
一年を通してどれくらいの利益が見込める



こういう事がきちんと設計されていて
しかも、概ねその通りの結果を出している


なんて言うのは、
私、これ以外に知りません(^_^)


「過去にこんな実績を出した」とか
「たまたまこんな結果が出た」、ってのとは
全く訳が違うんですよね。


私が何度も記事にしたりしている
1万ドル0.06ロット運用で12.1円までの逆行に耐える設計
この設定で年利約50%



っていう事が広告にも書かれていますが
ホント、その通りの動きになってます。


ですが、
どういう訳か、


「この程度しか稼がない」


なんて言われる事も結構有ります(^^ゞ





いや、あの、
かなり感覚が麻痺しておられるかと(^^ゞ



題材がFXと言うだけで
少ない資金で大きく稼げないとダメ
見たいな風潮がどうしても有る様です


イメージが先行してますよね。


10万円を1億円に!

って感じでしょうか?(^^ゞ



実際、不可能では無いかもしれませんが
それは、自動売買ソフトでは
多分、というか確実に無理だと思います。



相場に合わせて臨機応変に対応出来る
裁量トレードを学んでいれば、あるいは可能かもしれませんけどね^^

http://wp.me/p1n0Nv-6dr


自動売買ソフトに於いては
設計時に想定しなかった相場がやってきたら

それはその時点で負けなんですよね(>_<)


だって、「想定してない」んですから、
勝ち方が分からないんですよ。


でも、なんだか似たような条件が来たら
機械的にエントリーしてしまって
で、結局勝てない、どころか大負け(>_<)


これが、従来の「FX自動売買ソフト」って奴です。


良い時は良いけど、
リーマンショックとか、何とかショックみたいなのが来ると
もう、訳が分からなくなってしまう(T_T)


そういったことも含めて、
安定して長期的に運用出来、
何とかショックでも慌ててMT4とにらめっこしなくても良い

そんな事が出来るのがクリッパーな訳です。


でも、
広告のページに書いて有ったリスク管理、


つまり、1万ドルに対して

0.01ロットがセーフティ
0.03ロットがスタンダード
0.06ロットがハイパフォーマンス



って奴を参考にして
運用スタイルを決めていく訳なんですけど


こう書いてあると、
「その間は?」
って言うのが気になりますよね?(^^ゞ


実はこれ、
計算式ではじき出せるらしいんですよ。


で、販売者さんにお願いして
その中間の数値も教えて頂きました。


同様の条件でお答えしますと、
0.05ロット: → 13.1円の下落
0.04ロット: → 14.8円の下落
0.03ロット: → 17.2円の下落(スタンダード設定 )
0.02ロット: → 20.5円の下落
となります。



ということでした(^_^)

飽くまで設計値となってまして
ブローカーの違いなどにより多少のずれがあるかもしれませんが
大きな目安になりますね。


ここで言う「設計値」というのが、実はミソになってまして
「レバレッジ200倍口座、
強制ロスカットは証拠金維持率100%」という
FXDDのようなブローカーが基準になってます。


これも同時に今回初めて分かったことなんですが
上記は、設計時のレートによる数値なんです。


つまり、これは「1ドル=110円」の時に1発目のエントリーが入って、
そのまま一直線に下落が始まった時の限界なんですね(>_<)


今思えば、
「1ドル=110円」なんてことが有ったなぁ・・・
と感慨深いですが


これを、現状に即した形、
つまり「1ドル=80円」に置き換えてみると
以下の様な数値になるそうなんです。



0.06ロット: → 10.6円の下落(ハイパフォーマンス)
0.05ロット: → 11.4円の下落
0.04ロット: → 12.6円の下落
0.03ロット: → 14.7円の下落(スタンダード設定)
0.02ロット: → 18.0円の下落
0.01ロット: → 25.2円の下落(セーフティ)



おやおや!
一気にマージンが減ってしまいました(>_<)


コレでは、少し安全度合いが心許なくなってきましたね(^^ゞ
少し不安になりますよね?


でも、安心してください(^_^)v

実は、
もう1個、材料があるんですよね(^_^)


それが、「両建て運用」、です。


これは、ホームページではその文言が有りませんが
購入特典としてお付けしているpdf冊子
「W2C-Clipperを人一倍活用する方法」
に記載されています、以下の文言


W2C-Clipperでは、
この両建て運用によって
リスク想定を上記の倍ロットと考えています



という部分なんです(゜o゜;


これは、「売り」と「買い」専門に分けることで
片方がナンピンにはまっていても
もう片方は順調にその間利益をどんどん獲得するので
証拠金を維持する心配がないっていう理屈なんですね。


ということは、
同じ1万ドルでのハイパフォーマンス設定である
0.06ロット: → 10.6円の下落
というのが、


0.12ロット: → 10.6円の下落まで耐える
って言う事になると言う訳です(゜o゜;


と言う事は、その分利益も増えるって計算になりますし
物足りない、って事にもならないかも・・・


と、こういう事を聞いてしまったからには
試さずにはおられませんので(^^ゞ


実は8月22日からになりますが
0.05ロット: → 11.4円の下落
の倍掛けであるところの

1万ドル、0.1ロットでの
両建て運用を始めております。


ちなみに、0.12ロットでやらないのか?
というツッコミも有ると思いますが(^^ゞ


10円の逆行が、無い、
とは思いたいけれども、やっぱりもう少しマージンが欲しいなぁ(^^ゞ


というチキンぶりから決定してしまいました(^^ゞ
ご容赦ください(^_^)


訂正と追記。
とまぁ、調子に乗ってロットを上げたわけですが
これは私の勘違いでした(>_<)


W2C-Clipperでは、
この両建て運用によって
リスク想定を上記の倍ロットと考えています



っていうのは、両建てして2枚のチャートで合計が2倍
っていうことが正解でした。


誤った認識で記事を書いてしまいまして
申し訳ありませんでしたm(__)m


でも、もうやり始めましたので、このまま行きます(^_^)V

過去6年間のデータから導き出したロット数、
っていうのが『クリッパー』のサポートページにあったんですけど
それによると、2008年以外は、
0.1ロットでも全然余裕でクリアしていたので
この少しハイリスク設定というのもやってみる価値は有りそうです。


0.06ロットでの運用もしていきますが、
クリッパーの実力を試すのにはちょうど良いかと思いますし
この際0.1ロットで運用していきますので
お楽しみにされてください(^_^)


W2C-clipper(クリッパー)についてはこちら。
W2C-clipper(クリッパー)の詳細はこちら



「たあぼオリジナル特典付き」です!
ご購入の時は「特典付」になっているか確認されて下さい^^

W2C-clipper(クリッパー)の特典についてはこちら



検証の環境はこちらです。
W2C-clipper(クリッパー)の運用には
使えるねっとのレンタルサーバーを利用しています。


レンタルサーバーなら使えるねっと
使えるねっとについてはこちら


運用口座はFXDDを使用しています。
FXDD 口座開設
FXDDの運用についてはこちら


今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございました^^


お帰りにポチッポチッと応援をお願いいたします(^_^)

2011年9月2日 |

カテゴリー:W2C-Clipper W2C-Clipperの運用成績

W2C-Clipper(クリッパー)の両建てについて

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」今日もお越し頂きまして、誠にありがとうございます(^_^)

2011年7月1日からW2C-clipper(クリッパー)の両建て検証を始めています。
W2C-clipper(クリッパー)についてはこちら


W2C-Clipper(クリッパー)の両建てについて

元々、資金管理さえしっかりしておけば、
破綻することなく利益を着実に積み上げてくれる
『W2C-Clipper(クリッパー)』ですが

その運用スタイルである
ナンピン・マーチンゲールという手法の弱点である
一方的な相場では、含み損を大きく抱えてしまい
決済までは、ただ待つしか無い(^^ゞ

という事が発生します。

一部のナンピン・マーチンゲールタイプでは
あまりに一方的で深い含み損だと
損切りしてしまったりするモノも有りますが

この『W2C-Clipper(クリッパー)』においては
資金に対するロット設定さえ守っておけば
一方的な急騰・急落相場でもとことん耐えて利益にしてくれます。

具体的には、
・ローリスク設定(1万ドル0.01ロット)で、 
     7ナンピン → 合計27.2円

・ハイパフォーマンス設定(1万ドル0.06ロット)で、 
     5ナンピン → 合計12.1円

と、ここまでの一方的な逆行に耐えます。


ただ、耐えている間は、
他にポジションを持ちませんから、
無事決済が終わるまで、一切利益が出ないと言う事になります。


それでは、ただ大きな含み損に耐えるだけで
全然面白くありませんので、
その含み損の間も、ポジションを持って、利益を上げていこう、
と言うのが今回の両建て作戦となります。

http://w2club.blogspot.com/201……2c_25.html


どう違うのか

今回の両建て作戦というのは、
MT4の中に、ドル円の1分足を二枚表示させ、
それぞれに『W2C-Clipper』をセットして、
片方を売り専門、もう片方を買い専門にするという方法です。

一枚のコインを半分にスライスして、
表と裏を同時に表示するような感じです。

ですので、同じEAを2つ稼働させているとは言っても
利益が倍増するというわけではありませんし、
資金が2倍必要というわけでもありません。


例えば、2008年1月~12月のテスト結果を見ますと
標準状態では、6087ドルの利益となっています。
 ↓
W2C-Clipper標準状態

一方、「買い専門」に設定すると
同じ期間で、2249ドルの利益となり
 ↓
W2C-Clipper買い専門

「売り専門」の方は、4001ドルの利益となります。
 ↓
W2C-Clipper売り専門


「売り専門」と「買い専門」を合計したら
6250ドルの利益となりますので、
標準状態に比べて、年間で2%強の利益アップとなっていますね。


この2%強の利益というのが、両建てで得られるもので、
標準状態であれば、「買い」で入った後の急落により、
5段目までナンピンが発動したこの状態では、決済まで全く利益が生まれません。
 ↓
long2008


そこで、その期間中に、「売り専門」を立ち上げておいたら、
その間に、小刻みに利益を積み上げてくれると言う事ですね。
 ↓
short2008


実際、上記「5ナンピン」の期間は一ヶ月を超えますので
その間、ただひたすら含み損に耐え、決済を待つのではなく
その間にも利益を小刻みに稼いだ方が嬉しい
という使い方です(^_^)


その設定方法

『W2C-Clipper(クリッパー)』は、1万ドルの運用資金であれば、
セーフティ設定で 0.01ロット
スタンダード設定で 0.03ロット
ハイパフォーマンス設定で0.06ロット
というのは変わりません。

まず、MT4に『ドル円』チャートを2枚開き、両方とも「M1」にします。
W2C-Clipper
この様に、「ウインドウ」-「垂直分割」ってしておくと、やりやすいですよ(^_^)


次に、EA本体を、2枚のチャート両方に、ドラッグ&ドロップしてセットします。
どっちからでも良いんですけど、まず、片方をセットします。
W2C-Clipper


セットしたら、パラメーター設定を入力する画面が出てきますので
まず、「売り」または「買い」の専門に変更します。

W2C-Clipper

「売り専門」がOnlyShort、「買い専門」がOnlyLongですね。
※その時、マジックナンバーだけは任意の違う数字にします。

例えば、「売り」の方を「1111」、「買い」の方を「2222」とかにすると言う事ですね。



コレを、もう片方のチャートでも設定したら完了です(^_^)
W2C-Clipper

W2C-Clipper



両建ての注意点

その1・ロット計算について

「onlylong:0.06」+「onlyshort:0.06」=0.12
では有りません(>_<)

これは、本来売り買い両方を行うEAを、
強制的に片方のみの売買にしていますので、

いわばコインを水平にスライスして、
表と裏に分割していることと同じなのです。

そうすると、コイン2枚を並べて置く事は出来ますが、
裏側は何も有りませんし、貼り合わせないと使えませんよね?

これと同じイメージで、この場合、
「onlylong:0.06」+「onlyshort:0.06」=0.06
という擬似的なロット計算となっています。


その2・エラー表示について

本来は売りも買いもするハズのEAを、
無理矢理「買い専門」とか「売り専門」とかに変更しますので

MT4内には、こんなエラーが常に出ます(>_<)

error

これは、「売りたいけど売らせてもらえない」とか
「買いたいけど買わせてもらえない」というエラーメッセージとなってまして

特にEAの設定が間違っているわけではありません(^^ゞ


そういう風に設定したから、
どうしても出てしまうエラー
ですので、

気になると思いますが、気にされませんように(^^ゞ


さらにもうひと工夫。

両建ての1パターンだけでは
まだまだ、一方的な相場に対応仕切れないかもしれない・・・
と言う懸念もわいてきたため、

それに加えて「タイミングをずらす」という観点から、
両建て+通常運用
というパターンを使う様にしました。


↑ 合計0.06ロットを想定したパターンです。

これは、両建てと通常運用で
微妙にエントリータイミングが違う、
と言う事を利用した作戦です。

これにより、
一方的に捕まるケースを減らすというのと、
決済に掛かるタイミングを増やす効果を狙っています(^_^)


W2C-clipper(クリッパー)についてはこちら。

W2C-clipper(クリッパー)の詳細はこちら



「たあぼオリジナル特典付き」です!
ご購入の時は「特典付」になっているか確認されて下さい^^

W2C-clipper(クリッパー)の特典についてはこちら



検証の環境はこちらです。

W2C-clipper(クリッパー)の運用には
使えるねっとのレンタルサーバーを利用しています。


レンタルサーバーなら使えるねっと
使えるねっとについてはこちら


運用口座はFXDDを使用しています。
FXDD 口座開設
FXDDの運用についてはこちら


今日も最後までおつきあい頂きまして
誠にありがとうございました^^


応援のポチ!をお願いいたします。

2011年7月7日 |

カテゴリー:W2C-Clipper W2C-Clipperの運用成績

W2C-Clipper(クリッパー)の詳細とレビュー

W2C-Clipper(クリッパー)とは?

W2C-Clipper(クリッパー)は、
メタトレーダーを使い、FXを24時間自動で売買するシステムです。

ギャンブル性が強く、危険と言われる手法
ナンピン・マーチンゲールを使って運用するソフトです。



なぜ、ナンピン・マーチンゲールが危険と言われるのでしょう?

ナンピンとは?
エントリーしたポジションが想定よりも逆に動いた場合、
同じ方向にエントリーを追加する手法です。

【例えば・・・】

『買い』でエントリーしたのに、値段がどんどん下がっていった時に
諦めて損切りをするのではなく、同じ「買い」のエントリーをします。


そして、マーチンゲールとは、
追加でエントリーするときに、ロットを増やしていく手法です。


0.01ロットでスタートした時なら、0.02ロットで、という感じです。


そして、これらのエントリーは、
相場が反転して来るまで、ずっと含み損となります。


しかし、いざ相場が反転して上に向いた時、
0.01+0.02=0.03ロットのトータルで利益が出る時点で決済します。


0.01ロット⇒-100pips
0.03ロット⇒+60pips×2=120pips

これを合計すると、(-100+120=+20pips)となりますね(^_^)


たとえ最初にエントリーしたポジションが、読みを外して含み損となっても、
次回以降のエントリーがプラスにしてくれるという手法です。



ただ、この手法には欠点が有ります。



ロットがどんどん増えるので、資金の余裕が無いと、
エントリーしたくても「資金不足のため」エントリーが出来ず
そこまでの含み損が全て損切りとなってしまいかねない


一方的に上がり続けたり、下がり続けたりする相場が想定よりも長く続いた場合、
いくらエントリーを増やしてもプラスに戻らない事も考えられる。




いかがですか?
怖いですね(>_< )



この様な事が可能性として有ります。
しかも、実際にこの様な結果を招いた、
出来の悪いソフトも沢山有ったようです。



つまり、この「ナンピン・マーチンゲール」手法を使うソフトは
よほどのしっかりとした仕組みを持っていないと破綻してしまう可能性が有る
と言うことで危険と言われているんですね。



これを回避するためには?


まず、急激に、長期的かつ一方的に動くような可能性が有る通貨ペアを選ばないこと。

・そして、追加でエントリーする幅やロット数を厳密にコントロールすること。



などが必要ではないでしょうか?


そして、
・過去のデータを元にしたテストで、一度も破綻していないこと。
また、それを上回るような値動きにも対応できること。



こういったことも必要となりますね。



その点では、このW2C-Clipper(クリッパー)は
2005年1月1日~2010年9月30日のテストで全く負け無し。
しかも、マーチンゲールの回数に余裕を残したまま勝ち続けた
という事実が有ります。

また、2010年10月からのフォワードテストでも
一度も負けていない
、と言うことが上げられます。


なお、バックテスト、フォワードテストともにしっかりと公開されています。

W2C-Clipper(クリッパー)のテスト結果



そして、使用通貨ペアは、ドル/円専用となっています。


急激な値動きが突然長期的に発生しにくい通貨を選んでいますね。



6段階でリスクをコントロールできます。

このW2C-Clipper(クリッパー)は、元々がリスクの少ない
「破綻しない」事を主眼において開発されています。


20万円(または2000ドル)以上の資金で運用できますが、さらに、
リスクのレベルも任意で6段階の内からコントロールできます。



6段階と言っても、単純な話です(^_^)

リスクレベルは、全部で6段階となっていますが、
これは、10000ドルに対して、0.01~0.06までの
6段階で設定が推奨されている、という単純な仕組みです(^^ゞ


「ハイリスク設定」となる0.06設定では
ロットが大きいですから、その分リスクも高まりますが
損失となる危険性が高まりますよね(^^ゞ


また、資金が2000ドルから始めることも出来ますが
その場合は必然的に「ハイリスク設定」になってしまいますね(>_< )
(資金が5分の1、ロットも0.01)


ですが、仮にハイリスク設定(10000ドルで0.06)を選んだとしても
破綻しない設計だというのですから驚きです。



実際にやってみました。
この『W2C-Clipper(クリッパー)』が、最もヤバかった局面、
2008年2月1日から始めて、2000ドル・0.01ロットでテストをしてみると
さすがに耐えられませんでした(>_< )

W2C-clipper


やはり、開始直後にサブプライムショックやリーマンショックが有ったら
運が悪かったとしか言いようが無いのかもしれませんが(^^ゞ



ですが、圧巻なのは、この期間以外から始めた場合
常にプラスで終わる事です\(◎o◎)/!


例えば、上記よりも「一ヶ月早く」運用を開始した場合・・・

W2C-clipper

この大きなショックも、難なく乗り越え、
なんと2年で2.68倍になってしまっています。
ナンピン・マーチンゲールタイプではなかなかお目に掛からない高収益ですね。


破綻しない設計と公言するのは伊達では無い様です(^_^)


ちなみに、上記の破綻したパターンですが
もう300ドル多い資金でしたら、問題無くクリア出来るんですね(^_^)V

W2C-Clipperの実績
最低2300ドルから運用したら、
ほぼ安心と言う事になりますね(^_^)



弱点はないのでしょうか?

リスクをコントロールし、破綻しないとは言え、
やはりナンピン・マーチンゲールです。
どこかに弱点は無いのでしょうか?


バックテスト、フォワードテストを見る限りでは
少々の荒れ相場でも、難なく利益を上げていますので
心配は無いと思いたいのですが・・・

念のため、販売者様に確認してみました。

こちらがその返答。

ロスカットとなる相場は、ある程度※の戻り/押し目のない暴落/暴騰相場を想定ています。
※ここで言うある程度とは、ナンピン回数が少ない時点で半値、多くなると30%ほど

暴落(騰)相場を少し具体的に数値を挙げて例示しますと、
・ローリスク設定の場合、7ナンピンで、合計27.2円
・ハイパフォーマンスの場合、5ナンピンで、合計12.1円
となります。



つまり、ナンピン回数が少ないときでも、
100pips、1円の値動きが有ったとしても、
30銭から50銭戻れば解決すると言うことですね。


また、最悪な状況の例についても、
例えるなら、1ドル82円が急に70円に・・・
と言うことですよね?


ドル円相場が、一直線に13円の値動き!!


これだけの急落相場だと、
果たしてどんなソフトが生き残れるでしょうか(^^ゞ


こんな感じでナンピンしていきます。

『W2C-Clipper』のは、
ナンピンの発動と、ロットの増え方が、それ自体がマーチンゲールです。


つまり、
0.01ロットエントリー⇒73pips逆行で0.02ロット発動。


以後、

0.02⇒110pipsで、0.03
0.03⇒180pipsで、0.05
0.05⇒280pipsで、0.08
0.08⇒430pipsで、0.14
0.14⇒650pipsで、0.23   (※参考値です。状況によって多少変動します。)

と幅が大きく、ロットが大きくなっていきます。



最大の0.14ロットが発動したときはなんと、約11円です。


この様な方にオススメです。

複雑な設定が苦手。

この『W2C-Clipper(クリッパー)』の設定は至って単純です。
運用する資金と、リスクレベルに合わせて
EAをセットして、ロットを決めるだけです(^_^)


資金を出来るだけ減らしたくない。

ナンピン・マーチンゲールタイプですから、
低リスク設定にしておかれれば、ほぼ元本を割るリスクが無いですね(^_^)


でも、毎月しっかりとした利回りが欲しい。

運用中に、様子を見ながらでも可能ですが
少しでもリスクを取ることが出来るようでしたら
リスク設定を少し上げる事で、
元本を守りながら、利益を増やすことも可能です(^_^)



この様な方には、向いていません(>_< )

大きな含み損が怖い。

このタイプの欠点として、時に大きな含み損を抱えると言うことがあります。
資金管理さえしっかりと守っていれば、破綻することは無いと言うことですが
極限まで行くと、資金の半分くらいの含み損を抱えることもあります。

これを想像して頂いて耐えられないと感じられる場合は、
導入されない方が良いと思います。(^^ゞ
精神的にかなり負担になること間違いないです(>_< )


長期間ポジションを持つのが嫌い。
基本的に、一回エントリーしたら、プラス決済になるまでポジションを持ち続けます。
「あのポジション、どうなったかな~?」
と、気になって寝られないことも有るかもしれません(^^ゞ


取引回数が多い方が良い。

基本的に、トレード回数は一日に一回有るか無いか、という感じです。
しかも、ドル円のみで運用しますので
毎日MT4を確認しても、目立って大きな動きが有るわけではありません。

ダイナミックな自動売買の動きを堪能されたい方には
物足りないこと間違いないです(^^ゞ



口座の縛りについて。

最近のFX自動売買ソフトの傾向として
「指定の証券会社に新規口座を開設してください。」
というのが非常に多いですが(>_< )


この『W2C-clipper』には、そのような条件は有りません!


しかも、どこの証券会社で運用しても性能に違いは出ません!
と公言されていますので(^^ゞ


今現在お持ちの口座をそのままご利用になることが可能です。

ですが、仕組み上、レバレッジ規制の入った国内口座でのご利用は
非常にリスクが高くなります。


同じ通貨ペアを保有するのに、証拠金が8倍も必要となりますので
ナンピンが5段目まで発動してしまいますと、
証拠金が足りなくなる危険性が有ります

出来れば、レバレッジ100倍以上の海外口座でのご利用をお勧めいたします。


ただし、口座番号を申請し、その口座1つでしか運用が出来ませんので
運用口座選びは慎重にされてください。

追加・変更には「5000円」の実費が掛かるそうです(^^ゞ

なお、私はFXDDで運用しております。

日本人スタッフが常駐していて日本語対応してくれますし
入金も出金も手数料無料で、スムーズに処理してくれてますので(^_^)



W2C-clipper(クリッパー)の運用口座変更について。

この投稿の続きを読む »

2011年3月9日 |

カテゴリー:W2C-Clipper W2C-Clipperの運用成績

Sponsored Link

このページの先頭へ